浮気調査のアフターケア

MR探偵社の岡田社長

【MR探偵社の岡田社長】

 

アフターケア充実のMR探偵社

浮気調査の結果が出たら、それで終わりではありません。

 

むしろそこがスタート地点。

 

浮気相手と別れさせてやり直すのか?

 

浮気相手に慰謝料を請求するのか?

 

あるいは離婚するのか?

 

その場合、親権や財産分与、慰謝料の問題を有利に解決する必要があります。

 

こうした「浮気調査のアフターケア」について、誰よりも深く語れるのがMR探偵社の岡田社長です。

 

同社は業歴17年、全国展開の大手有名社です。

 

岡田社長は、若い頃は依頼者の友人役でいっしょい浮気相手の家に乗り込んで直談判までしていたのだとか。

 

そんな武勇伝も聞けるとても興味深いインタビューが下記です。

 

新着

 

カウンセラーや弁護士との連携も注目

浮気調査の完了後が難航するケースも多いです。

 

関係修復したいが、一度壊れてしまったものをどう立て直せばいいのか途方に暮れる人も多いです。

 

経験に基づく的確なアドバイスをくれる人がいると心強いです。

 

浮気の再燃を防ぐ対策も重要で、慰謝料を請求して痛みを味わわせるのは一つの有効な方法です。

 

そうなると法律の分野になってくるし、慰謝料交渉に経験の豊富な専門家が必要になってきます。

 

逆に離婚の場合も簡単ではありません。

 

財産分与や養育費、離婚後の転居費用など色々な面で不利にならないように進める必要があります。

 

相手がどうしても離婚に応じてくれない場合は家庭裁判所の助けを借りることになります。

 

まずは調停、すなわち家裁に間に立ってもらっての協議から始まり、それでも折り合いがつかなければ裁判です。

 

こうしたことを踏まえるとカウンセラーや弁護士との連携状況も探偵社を選ぶ上でひとつの大きなポイントになるのがわかります。