浮気調査の失敗対策|値引き・返金・やり直し・別の探偵社で再調査?

浮気調査の失敗対策|値引き・返金・やり直し・別の探偵社で再調査?

浮気調査が失敗して頭を抱える方は多いです。

 

証拠が使い物にならないが、返金や調査のやり直しにはなかなか応じてくれない。

 

他社で再調査するにも、しっかりした探偵社をどうやって選べばいいのか?

 

この問題の対処についてお教えします。

 

 

目次


浮気調査の成功の定義

【浮気調査報告書(MJリサーチ提供)】

 

まず、「浮気調査が成功した」というのはどういう状態を指すのかを明確にしましょう。

 

本来はそれを理解した上で依頼すべきです。

 

その理解がない状態で依頼すること自体が、失敗の一大原因なのです。

 

 

不貞行為の証拠の2条件

浮気調査の成功とは、ズバリ下記の2条件を満たす写真が撮れることです。

 

 

  1. 不貞行為の証拠シーンが撮れている
  2. 人物が誰か判別できる写真である

 

不貞行為とは?
民法で不倫を指すのに用いられている言葉で、肉体関係を指します。

 

手をつないだ、キスをした等では、法律上は浮気と認められないのです。

 

不貞行為の証拠シーンとは?
ラブホテルや愛人宅などの密室で二人きりで過ごした前後の写真のことです。

 

これがあると肉体関係があったと推定できるとされてきました。

 

性行為の写真・映像はもちろん証拠になりますが、私有地に侵入せずに撮影できることは稀です。

 

よって事実上、はじめに述べたような写真を撮ることが調査の目的になります。

 

人物が判定できることの重要性
具体的には顔の写った写真が入っていることが大事です。

 

格安探偵だと、後ろ姿ばかりの写真を渡されることはとても多いので、注意してください。

 

ひどいのに至っては、ラブホテルの駐車場に停まっている車の写真だけ、という例がありました。

 

配偶者は背格好だけで本人とわかりますが、第三者が確信できないものは客観的証拠にはなりません。

 

裁判官が「この写真はこの人で間違いない」と思える写真が必要なのです。

 

探偵に落ち度のない失敗は?

一方、下記のような場合も目的とする証拠が入手できなかったことになります。

 

  • 契約時間いっぱいまで尾行したが、対象は誰とも会わなかった。
  • 異性と会っていたが、食事をしただけで、ホテルには行かずに別れた。

 

俗に言う「空振り」です。

 

依頼者にとっては失敗かもしれませんが、探偵に落ち度はありません。

 

失敗とは呼ばず、返金・やり直しは不可
こういう場合は、「調査失敗」とはいいません。

 

当然、値引きや再調査も要求できません。

 

探偵が負える責任は、尾行を完遂するところまで。

 

対象を無理やりホテルに行かせることはできないからです。

 

救済措置のあるクロル社

調査が空振りになり、探偵に落ち度がない場合、普通は返金や値引きはありません。

 

しかし、有名大手のクロル社の場合、次回の調査にかなりの値引きをかけてくれます。

 

このページの下部に紹介しているので、問い合わせてみてください。

 

 

事前の調査イメージすり合わせが重要

このように「どんな証拠を期待しているのか?」を事前に話し合う。

 

それを当然の要求と捉えて快諾してくれる探偵社を選ぶ。

 

空振りなど、探偵に落ち度のない失敗の取扱いを決める。

 

・・・というすり合わせをしていたら、調査失敗は起きにくいものです。


浮気調査の失敗の種類

【後ろ姿ばかりはNG】

 

探偵に落ち度がない場合を除いて、浮気調査の失敗を分類します。

 

つまり、探偵に責任がある失敗としてどんなものがあるかということです。

 

 

証拠シーンの撮影失敗

先に述べたように「不貞行為の証拠シーン」は調査の肝です。

 

対象がラブホテルや愛人宅に行かなかった場合は仕方ありません。

 

しかし、行ったのに大事なシーンを撮り逃したら、もちろん探偵の責任で、大失敗です。

 

出入りのシーンは一瞬です。

 

その時にカメラの操作ミス・電池切れなどで取りそこなうことはありえます。

 

ホテルに駐車している車の写真を撮って来てごまかそうとする探偵もいますが、ダメです。

 

人が写っていなければ、慰謝料請求や裁判で使える証拠になりません。

 

人物が判別しにくい写真

格安の探偵に頼むと、全部後ろ姿で顔が確認できる写真がほとんどないということがよく起きます。

 

コストを抑えるために、単独で尾行することの弊害です。

 

チームで尾行すれば、1人が追う間にもう一人が先回りして、正面写真を簡単に撮れます。

 

しかし、そこをケチって1人でやらせると、証拠の品質が極端に低下するわけです。

 

失尾(見失う)

失尾(しつび)は探偵用語で、尾行の途中で見失う、または尾行を断念することをいいます。

 

  • 雑踏の中で見失う
  • 閑散とした場所で距離を取りすぎて見失う
  • 渋滞に巻き込まれて見失う
  • 赤信号や踏切で引き離され、尾行断念
  • 途中でよくにた人・車種を取り違えて追ってしまう
  • 張込み中にすり抜けたのを見落とし

 

調査をやり直すことはできるので、失敗の中ではマシな部類です。

 

ただ、記録を改ざんして、探偵に落ち度のない空振りだったと報告してくる場合があります。

 

発覚(バレる)

失敗の中でも最悪のもので、プロなら何としても避けねばならない事態です。

 

発覚といってもいろいろなレベルがあり、明確に発覚すると非常に面倒なことになります。

 

  • 相手は疑いを持ったが、確信には至らず、離脱成功
  • 離脱には成功したものの、相手は確信した様子
  • 取り押さえられたが、言い逃れと離脱には成功
  • 取り押さえられ、白状した

 

他の失敗はやり直しがききます。

 

しかし、発覚してしまうと相手の警戒度が上がり、再調査が困難になります。

 

「探偵なんか雇いやがって」と、夫婦の不和も勃発します。

 

返金どころか損害賠償ものですが、発覚するようなアマチュアはそういう誠意にも乏しいでしょう。

 

プロも人間ですから失敗はありますが、明確に発覚してしまうようなことはまずありません。

 

最初にしっかりした業者を選ぶことが何よりも大切です。


低レベル業者が多い業界事情

探偵業界に失敗・トラブルが多いのは業界の仕組みに原因があります。

 

この業界がどういうところか知っていれば、慎重に調べて依頼先を選んだはずです。

 

再調査のために今からご紹介しましょう。

 

 

低い参入障壁と増え続ける業者数

依頼者に満足してもらう仕事をしようと思ったら、探偵は簡単な仕事ではありません。

 

しかし、開業自体はおそろしく簡単なのです。

 

届出だけで開業可能
探偵業の開業には免許も資格も不要です。

 

届出といって規定の書類を提出する手続きだけで開業できます。

 

本社、支社、相談室など、各営業拠点ごとに地元の警察署経由で都道府県の公安委員会に届出ます。

 

手数料はわずか3,600円。

 

筆記試験も実技試験もなく、実務経験も不要です。

 

実務的に可能かどうかはともかく、法律上は一度も調査経験がなくても開業できるのです。

 

開業費も小さい
探偵業の開業には、商品仕入れも生産設備も店舗も不要です。

 

事務所は自宅兼で、面談は喫茶店やカラオケボックスでする探偵もいます。

 

最低限は、車とビデオカメラ等で開業できます。

 

現在の届出業者数は6,600社以上
開業手続きが簡単で小資本でできるため、業者数はどんどん増え続けています。

 

そのほとんどが個人事業主と零細企業。

 

参入とともに廃業も多く、まさに乱戦業界です。

 

技術レベルが低く、経験の乏しい個人・小企業がひしめきあっている業界なのです。

 

専門スキル認証のない世界

良い探偵を選ぶコツとして、届出済の合法業者を選ぶことと書いているサイトがあります。

 

しかし、届出は当たり前であって、無届の違法業者など、最初から論外です。

 

問題は、届出済の合法業者でもレベルの低すぎる業者が溢れていることです。

 

そして、素人の依頼者が業者のレベルの高低を簡単に見分ける方法がないことです。

 

ひしめく低品質な格安探偵

浮気調査は、探偵の仕事の大半を占める大きな市場です。

 

そして探偵の仕事の中で最も定型的です。

 

指定された対象を尾行してホテル出入りを撮影するのは毎回同じです。

 

ノウハウがなければどこから探していいかわからない人探しなどとは違います。

 

だから浮気調査に絞って、できるだけ低コストで簡単に済ませて稼ごうとする探偵社が多数あります。

 

コストを抑えるために単独尾行させ、ホテル出入りまで撮れたら納品しておわり。

 

写真の品質が依頼者の役に立つレベルかどうかは知ったことではない。

 

浮気してるかどうかはわかる写真だから、それでいいじゃないですか?

 

それ以上のことを約束した覚えはない。

 

値引き・返金・再調査には応じません。

 

・・・と、こういう姿勢の探偵社がたくさんあるのです。

 

失敗を予防する業者選定

ですから、利用者はまずこのページに書いてきたようなことは最低限勉強した上で臨むべきです。

 

複数の業者とどんな仕事をしてもらえるのか、事前によくすり合わせしてみてください。

 

その中で、やめておいた方がいい業者、信頼できそうな業者の区別がついてくるでしょう。


浮気調査失敗時の対策

調査結果が不満足だった場合に何ができるのかについてまとめました。

 

長くなるかもしれない返金交渉や相手の処罰につながる方法はあります。

 

しかし、ちゃんとした証拠を早く入手する目的なら、別業者での再調査が一番現実的です。

 

 

失敗した探偵社との交渉

業者に落ち度がある失敗なら、次のような対処が考えられます。

 

  1. 減額(部分返金)
  2. 全額返金
  3. 調査やり直し

 

ただ、現実には厳しい交渉になると思います。

 

まず「落ち度」を証明するのが、結構難しいかもしれません。

 

例えば次のように主張してくるかもしれません。

 

失敗した探偵社の言いそうなこと

納品物の品質に関する話し合いは事前にしていない。

 

ホテル出入りをきっちり撮るとか、人物の顔を鮮明に撮るというようなことまで約束していない。

 

尾行と撮影の調査はたしかに実行し、約束を果たした。

 

これが当社の標準品質で、お値段に相応。

 

依頼者は被写体が配偶者であることはわかるはずだから、これで十分じゃないですか?

 

通常、料金は先払いなので減額や返金に応じるかの主導権は先方にあります。

 

一定以上ひどい内容なら、応じるのが社会常識ですが、現実に応じてもらえることは少ないようです。

 

やり直しについても、非を認めさせ、承諾させるのは容易ではありません。

 

仮に承諾したとしても、なかなか実行せず、依頼者が諦めるのを待つケースが多いようです。

 

また、根本的に技術レベルが低い会社の場合、無理にやり直しをさせても改善するか不確実です。

 

前回と同様の結果になるか、最悪は焦って発覚してしまうリスクもあります。

 

業界団体へのクレーム

依頼した探偵社が業界団体に属している場合、その団体にクレームを申し立てることが考えられます。

 

メジャーな団体であれば、何らかの働きかけをしてもらえるかもしれません。

 

業界団体の例

社団法人日本調査業協会

内閣総理大臣の許可を受け、警察庁を監督官庁とする業界最大の団体。
大手のMR探偵社、Fujiリサーチをはじめ220余社が所属。
⇒ホームページ

NCIA全国調査業協同組合

大手の原一探偵事務所などが所属する内閣総理大臣認可法人
⇒ホームページ

特定非営利活動法人 全国調査業協会連合会

さくら幸子探偵事務所など30社弱が所属
⇒ホームページ

 

ただ、自社の権威付けのためだけに、数社で団体を作って、さもすごい団体であるかのように謳っている場合もあります。

 

そういう場合は何も期待できないでしょう。

 

国民生活センターへの相談

全国の消費者の苦情や問い合わせを受けて、公正な立場で処理してくれる組織です。

 

消費者ホットラインでは、電話で相談に乗ってくれます。

 

紛争解決のサポートもしてくれます。

 

具体的には、ADR(裁判外紛争解決手続)や消費者団体訴訟制度の紹介などです。

 

独立行政法人 国民生活センター

 

ただ、早く『使える証拠』を手に入れたいという目的に役立つかは疑問です。

 

警察への通報

探偵の担当は、その探偵社の所在地を管轄する警察署の生活安全課です。

 

届出は各営業拠点の地元でする取り決めです。

 

探偵事務所の本社が東京でも、名古屋支社に頼んだ場合は、愛知県警が管轄です。

 

違法行為には対応
明確な法律違反なら即動いてくれます。

 

違反する法律 具体例
探偵業法 無届営業、会社の内容の虚偽、名義貸し、調査結果の悪用等
その他の法令一般 住居侵入、器物破損、脅迫、暴行傷害等

 

指導・営業停止命令・廃業命令などにつながる可能性もあります。

 

届出済の合法業者は非常に困る措置です。

 

品質クレームは対応不可
しかし、仕事の品質に関するクレームについては警察は対応できません。

 

民事不介入(民間の争いごとに首を突っ込まない)という原則があるからです。

 

探偵が悪いのか、客がわがままなのか、警察はわからないし、調べる義務もないのです。

 

別の探偵業者での再調査

結局、早く『使える証拠』を入手するには、技術のある探偵社に依頼しなおすのが一番現実的です。

 

そう判断して再調査される方がたくさんいらっしゃいます。

 

次の節では、そういう再調査の解決実績が豊富な、良心的な探偵社を紹介しています。


再調査におすすめの探偵社

慰謝料請求や裁判でも使えるレベルの証拠をリーズナブルに取ってくれる探偵。

 

それを自分で探すのは大変なことです。

 

他社の失敗の再調査も多数受任して成功させている探偵社を2社紹介しておきます。。

 

ぜひ参考にしてください。

 

MJリサーチ

MJリサーチ 若梅探偵

【MJリサーチ 若梅探偵】

会社紹介
大手探偵社で長い経験を持つ探偵たちが創設した探偵社。

 

例えば上掲写真の若梅氏は下記のような実績があり、有名です。

 

  • 探偵調査員歴22年
  • 常人逮捕協力5回
  • 刑事事件協力30回以上
  • テレビ出演15回
  • メディア取材多数

 

トップレベルの調査を従来大手より3~4割安く提供するポリシー。

 

鮮明な正面写真の多い良質な証拠を撮ってきてくれます。

 

前回に発覚して相手の警戒が高まっている難易度の高い再調査の経験も豊富。

 

本社は銀座の隣町で、全国11ヶ所に展開。

 

 

無料相談&割引情報
本サイトの読者に対してMJリサーチはクーポンを発行してくれています。

 

MJリサーチクーポン

 

メールやLINEでの申込ではクーポンコード「MJR15」を記入すると、基本料金が無料になります。

 

MJリサーチ公式サイト

 

また下記電話では自動でクーポン適用となります。

 

フリーダイアル: 0078-6009-0036

(※スマホからは上記番号をタップしてかけられます)

 

総合探偵社クロル

クロル探偵社 大原代表

【クロル探偵社 大原代表】

 

会社紹介
大手出身のベテラン勢が中核の探偵社で、全国6拠点展開。

 

良質な調査をリーズナブルに提供するポリシーを持っています。

 

自社で受けた調査が空振りになった時は、次回の調査をかなり値引きしてくれる良心的な探偵社です。

 

 

無料相談&割引情報
本サイトの読者に対してクロル社はクーポンを発行してくれています。

 

クロル社クーポン

 

メールやLINEでのご相談の際はクーポン「DT-11」を記入いただくと、基本料金が無料になります。

 

クロル探偵社公式サイト

 

下記番号での電話ご相談は自動的にクーポン適用となります。

 

フリーダイアル: 0078-6014-1009

 

その他の大手有名探偵社

当サイトの下記ページでは、主要な探偵社に直接取材した記事を掲載しています。

 

写真やインタビューも豊富。

 

上記2社以外も見たい方は、下記ページで他の探偵事務所の生の姿に触れて依頼先選びの参考にしてください。