バツ1彼氏彼女の本当の離婚理由を知る方法|探偵の婚前調査・聞き込み調査

バツ1彼氏彼女の本当の離婚理由を知る方法|探偵の婚前調査・聞き込み調査

想定される重大事実の例

バツ1(2、3・・・)の結婚相手の本当の離婚理由を調べる方法の情報です。

 

今時、離婚歴があってもいっしょに生きていけるいい人なら何も問題ありません。

 

しかし、「何か引っかかる」と感じるなら調べた方がいいかもしれません。

 

そこには結婚生活を維持できない重大な秘密が隠されている可能性があります。

 

 

隠された本当の離婚原因

 

離婚原因は浮気

口では「価値観が合わなくなって」などと言っていても、本当は浮気が原因・・・

 

これはよくある話です。

 

世の中の離婚のほとんどは協議離婚です。

 

しかし、不貞行為(法律用語で浮気の意味)は離婚裁判を起こす理由にもなりうるのです。

 

参考: 浮気を離婚事由とする離婚(弁護士サイト)

 

その時たまたま深入りしてしまい、今は反省しているならいいですが、わかりません。

 

生来の浮気症なら何度痛い目を見ても懲りません。

 

聞き込みで「あいつの女遊びは見境がない」などという話がでてきたら、要注意。

 

今回結婚しても、最初の愛情が冷めるとまたやる可能性は十分あります。

 

また、こういう傾向の強い人は縁談が進んでいる最中にも別の女性と交際していることがよくあります。

 

これは素行調査(行動調査)をかければすぐにつかめます。

 

 

離婚原因はDV・モラハラ

物理的あるいは心理的暴力に耐えかねて離婚になるケースもあります。

 

ドメスティック・バイオレンス(DV)
本物の暴力が原因となると、もう結婚を認めるわけにはいかなくなってきます。

 

以前の住所付近で聞き込みをかけると次のような話が出てきた場合、どう考えますか?

  • 夫婦喧嘩が絶えず、夜中によく叫び声や泣き声が聞こえた
  • 近所の人が通報して警察が来たことが何度もある
  • 奥さんがあざを作っているのをよく見た

参考: DVの6類型と事例(弁護士サイト)

 

モラルハラスメント
物理的な暴力ではなく、言葉と態度の暴力を振るう人もいます。

 

ささいなことねちねちと責め立て、パートナーの人格をとことん否定してきます。

 

外面はいいのに、家庭内ではこんな風に人格が変わる人もいます。

 

前の相手にも問題があった可能性はありますが、やはり再考すべきではないでしょうか?

 

参考: 家庭内のモラハラ事例(弁護士サイト)

 

怠け癖・ギャンブル・浪費・借金

こういう人もなかなか治るものではなく、再婚しても同じことになる危険が大きいです。

 

現在は定職に就き、まじめな生活をしているのでしょうか?

 

行動調査(尾行&撮影)をかけると、無職で競馬場通いと判明することもあります。

 

職業があいまいで理解できない場合は、調べた方がいいです。

 

やはりお金は生活の基本。

 

働かずに使うばかりの人と結婚して幸せになれるはずがありません。

 

参考: ギャンブル依存症について(国立病院機構)

 

離婚原因は自己破産

借金を通り越してすでに自己破産しており、それで前妻から見放された可能性もあります。

 

破産歴の調査方法
自己破産や個人再生の経歴は、官報という政府刊行物のバックナンバーで合法的に調査できます。

 

普通の人が一生目にすることのない超マイナーな日刊印刷物です。

 

今はデータベース化されていて、探偵社等でも簡単に調べられます。

 

人物評価は破産の原因にもよる
自己破産していたら人間失格みたいに思っている人がいますが、それは違います。

 

自己破産に至った経緯も重要です。

 

まじめに事業を営んでいたのに、世界的不況に直面して倒産した結果かもしれません。

 

それと自堕落な浪費の末の自己破産を同じ扱いにしてはいけません。

 

ペナルティは誤解・誇張が多い
自己破産すると人生の終わりのように言う人がいますが、誇張や嘘も多いです。

 

ほとんどの権利が剥奪されるように思っている人もいますが、誤解です。

 

自己破産の真実

  • 一生、旅行できない⇒免責までの間だけ
  • 手紙の検閲を受ける⇒免責までの間だけ
  • ほとんどの仕事が無理⇒職業制限は特殊な職種だけ、多くは免責までの間
  • 選挙権がなくなる⇒ウソ
  • 会社や近所に通知が行く⇒ウソ
  • 年金をもらえなくなる⇒ウソ

破産申し立てから免責までの期間は、同時廃止の場合は半年以内。

 

同時廃止というのは、申し立て時点で財産が何も残っていない場合で、破産案件の9割を占めます。

 

ほとんどの破産者は、権利を著しく制限される状態は半年くらいで終るわけです。

 

残りの1割の案件では、残っている財産を管財人(指名された弁護士)が売却し、債権者に金銭で分配します。

 

これは管財事件と呼ばれ、免責までに1年半くらいかかります。

 

長期のデメリットがあるのは事実
とはいえ、相当な不便が長期間続くことは事実。

  • 少なくとも7年くらいローンは組めず、クレジットカードも持てない
  • 審査が厳しい良い賃貸物件を自分で借りるのは無理

結婚するなら自己破産の全体像をよく理解して、支えていく覚悟が必要です。

 

メリットは借金ゼロということ
(免責済の)破産者は借金まみれの人より、一点メリットがあります。

 

それは借金が帳消し済みでゼロということ。

 

収入さえ確保できれば、貯金もどんどんできるわけです。

 

ただ、浪費で破産したような人は、お金が入って来ると全部使う癖が抜けないので、要注意です。

 

参考: 自己破産の全体像(弁護士サイト)

 

いずれにせよ、破産歴があるなら事情をよく聞き、こちらも覚悟を決められるのか、よく考える必要があります。

 

離婚原因は不祥事や犯罪

何か会社にいられないようなこと、親戚に顔向けできないようなことをしでかした。

 

それで前妻に見限られたという可能性もあります。

 

聞き込みをかければ何かわかるかもしれません。

 

参考: 犯罪を犯した配偶者との離婚(弁護士サイト)

 

犯罪歴の調査方法
さらには犯罪を犯したとか、最近まで服役していたという可能性もあります。

 

刑事や検事を買収して犯歴情報にアクセスするのは違法です。

 

しかし、ニュースになるほどの犯罪を犯した経歴なら調べるのは簡単です。

 

新聞データベースの検索は完全に合法で、探偵社でやってもらえます。

 

前科については、聞き込みでつかめるでしょう。

 

参考: 前科の調査方法(弁護士サイト)

 

現在の交友には行動調査が有効
今も反社などと交友があるのかもしれません。

 

それは行動調査(尾行&撮影)でつかめるかもしれません。

 

離婚原因はカルト宗教

変な宗教にのめりこみ、パートナーはついていけなくて離婚するケースもあります。

 

その場合、婚約者(読者自身または読者のお子さん)はすでに入信させられている可能性も。

 

宗教にもよりますが、全財産を奪われて、普通の社会生活ができないほど人格を破壊される危険もあります。

 

宗教施設への出入りや信者との接触が多いはずなので、行動調査(尾行&撮影)でつかめる可能性が高いです。

 

参考: 宗教入信を理由とした離婚(弁護士サイト)

 

子供はいる?児童虐待の可能性は?

前妻との間に子供がいても悪いことではないです。

 

しかし、それを新たな結婚相手やその親に教えないのはダメです。

 

教育方針の著しい違いや子供への虐待が離婚原因になった可能性もあります。

 

参考: 児童虐待を理由とする離婚(弁護士サイト)

 

長期的には相続も問題
相手の男性と結婚し、その後亡くなった場合に男性の遺産を誰が相続するのかを考えてみましょう。

 

現在の妻(読者、または読者の子供)は常に法定相続人で、法定相続分は1/2です。

 

男性が前妻との間に作った子供は第一順位の相続権を持ちます。

 

現在の妻との間の子供と同じです。

 

一方、現在の妻に連れ子(前夫との子)がいても相続権はありません。

 

実の子と同じ扱いにするには、養子縁組が必要です。

 

夫が1億円の遺産を残して亡くなった場合の法定相続分は下記のようになります。

 

前妻との間の子1人、現在の妻との間に子なし 現在の妻 5,000万円(50%)、前妻との間の子5,000万円(50%)
前妻との間の子1人、現在の妻との間に子1人、現在の妻の連れ子1人(養子縁組未実施) 現在の妻 5,000万円(50%)、前妻との間の子 2,500万円(25%)、現在の妻との間の子 2,500万円(25%)、現在の妻の連れ子 0円(0%)

 

これはあらかじめ理解しておかないと、相続の時に失望や怒りに苛まれることになります。

 

参考: 別れた相手との間の子の相続権(弁護士サイト)


一般的な離婚理由からの考察

上記では少し極端な理由も挙げてみました。

 

次に統計的に多い離婚理由から考えてみたいと思います。

 

そのどれかに該当し、度合いが強いために離婚を繰り返してしまうのかもしれません。

 

 

男女別離婚原因ランキング

離婚の90%は夫婦の話し合いで決まる協議離婚で、離婚届を出すだけで成立します。

 

離婚届には離婚の理由を書く欄がないので、その統計はありません。

 

しかし、離婚100件のうち10件くらいは家庭裁判所の調停に進み、そこでは理由が記録されます。

 

その統計から作成したのが、下記の離婚理由のランキングです。

 

ちなみに、その10件のうち1件くらいが調停もまとまらなくて、離婚裁判に進みます。

 

男性 女性
1位 性格が合わない 性格が合わない
2位 精神的に虐待する 生活費を渡さない
3位 異性関係 精神的に虐待する
4位 家族・親族と折り合いが悪い 暴力を振るう
5位 浪費する 異性関係
6位 性的不調和 浪費する
7位 同居に応じない 性的不調和
8位 暴力を振るう 家庭を捨てて顧みない
9位 生活費を渡さない 酒を飲み過ぎる
10位 家庭を捨てて顧みない 家族・親族と折り合いが悪い

データ根拠:  令和3年 司法統計年報(家事編) 第19表

 

事例の多い離婚理由からの考察

 

性格が合わない
男女とも一番多い離婚理由です。

 

本当の理由を言いたくない時の当たり障りのない言い方という面もあります。

 

しかし、何か性格に極端な面があって離婚を繰り返してしまうのかもしれません。

 

  • 自分の非を認めず、すべて相手のせいにする
  • 相手を極端に束縛する
  • 依存心が異常に強い
  • 偏った思い込みが激しい
  • 感情を抑えられない
  • 独特な自分ルールを押し付けてくる

 

精神的に虐待する
昔は異性関係などが多かったのですが、それを押さえて近年比率が上がっている離婚理由です。

 

先に挙げた「モラハラ」と同じです。

 

家族・親族と折り合いが悪い
家族に極端な人がいるケースも考えられます。

 

例えば、下記のような例は非常に多く見られます。

 

男性の母親が独善的な性格で、嫁に支配的にふるまう。男性はマザコンで、言いなりになって妻を守らない。

 

最初は「ちょっとクセのある人?」くらいに善意に解釈するのですが、結婚後に本性が露呈。

 

それで離婚を繰り返しているのかもしれません。

探偵の婚前調査(本人調査)

【探偵社の相談室(クロル社)】

 

ここでは、探偵に頼む場合、調査内容や手法の概要を説明します。

 

複数の調査手法で多角的に探れば、相手の秘密はつかめるはずです。

 

 

婚前調査の対象

一般に婚前調査の対象は、実家(親兄弟)と結婚予定の相手本人の2種類があります。

 

昔は婚前調査というと前者の調査のことでした。

 

今は圧倒的に後者の調査依頼が多いです。

 

背景には、マッチングアプリなどで背景をよく知らない人と結婚するケースが増えたことがあります。

 

今回はこちらの本人調査の方の話です。

 

 

本人の婚前調査の手法

探偵はいろいろな調査手法を持っています。

 

依頼者と相談して適切な手法を組み合わせ、知りたいことを調べるのに最適な調査設計をします。

 

行動調査
尾行と撮影で現在の行動を調べるもので、一番ポピュラーな調査技術です。

 

浮気調査も素行調査も、調査手法は行動調査です。

 

今回の目的だと、下記のようなことが重点項目。

  • 通勤の事実は確認されるか?
  • ギャンブル場への出入りがあるか?
  • 異性との接触はあるか?
  • 不審な人物との接触はあるか?

撮影日時と場所(路線、駅、店名等)を克明に記録します。

 

上手な探偵社であれば発覚のリスクはほぼなく、手始めに最適です。

 

聞き込み調査
非常に重要な情報がつかめる可能性のある調査です。

 

しかし、相手に伝わるリスクを考慮し、慎重に接触相手と方法を検討する必要があります。

 

聞き込みと言っても、身分を明かしてストレートに聞くわけではありません。

 

そんなやり方ではまともに答えてもらえず、発覚の危険を冒すだけです。

 

探偵には、警察のような捜査権も社会的信用もないのですから。

 

自然な接触を装い、大半は無関係な雑談の中から情報を拾う。

 

その作業を組織的に行い、情報のジグソーパズルを完成するのが探偵の聞き込みです。

 

この調査はできる探偵社が非常に限られています。

 

実施する探偵に特別な資質が必要だからです。

 

 

官報調査
官報のデータベースを検索して、自己破産や個人再生の経歴を調べるものです。

 

新聞報道調査
新聞各紙の記事データベースを検索します。

 

ニュースになるほどの犯罪を犯していれば、これでつかめます。

 

逆に優勝、表彰などのポジティブなニュースが見つかることもあります。

 

経歴調査
学歴や勤務先を自分で言っている場合、そこに嘘がないか調べるのは比較的簡単です。

 

まったく情報がない人の前歴を一から調べるのは大掛かりな調査になります。

 

できる探偵社も限られるし、費用もかかります。

 

SNS調査
SNSを調べると偏った思想に満ちた攻撃的な投稿をしているのが確認できる場合があります。

 

裏の顔を持った人は、心に湧き上がる暗い衝動をつぶやかずにいられないものです。

 

そのため、就職の採用審査や婚前調査でもこの調査をする場合が増えています。

 

いわゆる裏垢(裏アカウント)を作っていても、本人を洗い出す調査ノウハウもあります。

 

不動産登記情報調査
不動産を所有しているが抵当権の設置があり、大きな借金の存在がわかる場合もあります。

 

親の家が次男名義になっていて、長男と親の間に何か問題がありそうだと推定できたケースもありました。

 

調べた方がいい場合

当サイトは離婚歴がある人を否定する意図など毛頭ありません。

 

しかし、人格的欠陥等が離婚の原因になっている場合があることもまた事実です。

 

そういう人と結婚してしまうと同じ悲劇が繰り返される危険が大きいです。

 

下記のような場合は一度調査して、結婚の是非を再考すべきではないでしょうか?

  • 時折、乱暴な言動など別の顔を見せる
  • お金や約束にいい加減なところがある
  • 自分の過去を極端に隠したがる
  • 離婚回数が多すぎる

 

初動調査の提案

まず、退社後や休日に何をしているのかを調べてみるのがいいと思います。

 

それに加えて、簡単にできる基礎的な調査は実施。

 

  • 行動調査
  • 官報調査(破産歴)
  • 新聞報道調査
  • 経歴調査
  • SNS調査

 

その結果を見て、聞き込み調査の必要性や内容を検討してみる、というのはどうでしょうか?

 


おすすめの探偵社

不審な点のある結婚相手を調査する上で、おすすめの探偵社を2社紹介しましょう。

 

下記の3点を満たす探偵社を選びました。

 

  1. 行動調査技術が一流
  2. 聞き込み調査が得意
  3. 価格がリーズナブル

 

どちらの会社も大手出身のベテランが中核メンバーで、技術レベルは非常に高いです。

 

総合探偵社クロル

クロル探偵社 大原代表

【クロル探偵社 大原代表】

会社紹介

 

聞き込み調査のエキスパートが在籍しており、同業者から聞き込み調査の部分だけ外注受託することも多いです。

 

調査企画の押し付けも契約の押し売りもしないスタンスです。

 

クライアントの要望に耳を傾け、極力要望に沿えるように柔軟に対応してくれます。

 

 

業界では婚前調査から撤退する企業が多いのに、クロル社はあえて強化に出ています。

 

その意図は何なのか、インタビュー記事があるので、これも読んでみてください。

 

 

無料相談&割引情報
本サイトの読者に対してクロル社はクーポンを発行してくれています。

 

クロル社クーポン

 

メールやLINEでのご相談の際はクーポン「DT-11」を記入いただくと、基本料金が無料になります。

 

 

下記番号での電話ご相談は自動的にクーポン適用となります。

 

フリーダイアル: 0078-6014-1009

 

MJリサーチ

MJリサーチ若梅探偵

【MJリサーチ 若梅探偵】

会社紹介
こちらも聞き込み調査のプロがいる貴重な探偵社です。

 

浮気調査と家出人捜索で大半を占める探偵業の枠を越え、「トータルライフケア」を掲げています。

 

人生のお困りごとを幅広く解決するという意味です。

 

離婚歴のある結婚相手の懸念も、親身な相談と緻密な調査で解決してくれるはずです。

 

 

無料相談&割引情報
本サイトの読者に対してMJリサーチはクーポンを発行してくれています。

 

MJリサーチクーポン

 

メールやLINEでの申込ではクーポンコード「MJR15」を記入すると、基本料金が無料になります。

 

MJリサーチ公式サイト

 

また下記電話では自動でクーポン適用となります。

 

フリーダイアル: 0078-6009-0036

(※スマホからは上記番号をタップしてかけられます)

 

その他の選択肢

下記のページでは、上記2社を含む大手有名探偵社を取材レポートしています。

 

写真やインタビューが豊富で、探偵の生の声が聞けるので、ぜひ参考になさってください。

 

あとがき 結婚身元調査の是非

隠密に相手のことを調べることに後ろめたさを感じる人もいます。

 

しかし、「あらさがし」ではなく、自衛のためなら、それは許されるはずです。

 

 

 

まずは「腹を割って」の話し合いを

探偵を使って調べる前に、まずはお互いの率直な情報公開の場を持てないか?

 

それを打診するのが、やはり人間としての「筋」ではないかと思います。

 

一方的に相手の離婚のことばかり聞くのは失礼。

 

「こちらも全部開示するので、あなたも教えて」というスタンスで臨むべきです。

 

これを強烈に拒絶する、怒るようだと、いよいよ何かあります。

 

その場合は、「不愉快なことを提案してごめんなさい」といったん引き下がりましょう。

 

いよいよ探偵を使って秘密裡に調べることを検討する時です。

 

親御さんへ

相手のことを秘密裡に調査することには、複雑な感情を持たれる方もいると思います。

 

子供を怒らせないかとか、コソコソ調べるのがやましいとか、親が介入しすぎかも、とかです。

 

基本的には、我が子の選択を尊重してあげるべき。

 

特に問題のない良さそうな人まであら捜しをするのはやりすぎです。

 

しかし明確に重大な欠陥を持った相手との結婚には意見すべきではないでしょうか?

 

その懸念があるなら極秘にでも調べることは、間違っていないと思います。