【おすすめサイト集|大手有名興信所一覧】

弁護士情報

当サイトが自信をもってお勧めできる優良サイトの紹介ページです。

 

債務整理

借りたお金は何としても返すのが人の道ですが、物理的に無理になってしまうこともあります。

 

そういう場合は債務整理という救済方法に頼るべきです。

 

夜逃げや自殺というような手段は決して取るべきではありません。

 

債務整理の方法は複数ありますが、その究極のものが自己破産です。

 

財産をすべて手放すかわり、借金が全額帳消しになり、白紙から再スタートを切ることができます。

 

しかし、自己破産については、根拠もなく否定的なイメージを持ち、また誤った知識を信じている人が少なくありません。

 

会社をクビになるとか、選挙権がなくなるとか、大勢の人が自宅に押し寄せるとか。

 

こうしたことはすべてデマで、主なデメリットは10年にわたって借り入れが一切できなくなることだけです。

 

自己破産を正確に知ることで、最悪の場合に対する心の準備もできます。

 

そして債務整理には他の方法もあり、あなたの場合はより傷が浅くて済む方法が可能かもしれないのです。

 

いずれにせよ、多重債務の問題解決は弁護士に依頼すべきです。

 

下記のサイトは、自己破産にフォーカスしながら、他の方法も含めた債務整理全体をやさしく解説し、おすすめの弁護士まで紹介しています。

 

 

交通事故

交通事故被害に遭うと加害者側の保険会社が出てきて、治療費を払ってくれることが多いです。

 

仕事もできなくて収入も不安な中で、非常にありがたいと感じる人も多いです。

 

しかし、症状が安定してくると早く症状固定の診断をもらうよう急かされ、ついには治療費の支給を打ち切ってきます。

 

こんな目に遭えば、この手の平を返したような対応はいったい何なんだろうと戸惑うことでしょう。

 

ここで「相手が払うまで自分では絶対払わない」と治療を中断すれば、実は相手の思うつぼです。

 

以上の状況は、交通事故保険金のしくみに無知な被害者が保険会社に翻弄されている様です。

 

適切な対応を取らないと、翻弄された挙句、保険金を安く済まされてしまいます。

 

結論を先に述べると、交通事故保険金交渉に強い弁護士に相談することです。

 

いったん示談書に判をついてしまえば、それを覆すことはできません。

 

莫大な損をする前に、弁護士の指導を仰ぐことです。

 

下記サイトでは、交通事故保険金のしくみや治療費打切りのからくりがわかりやすく解説され、おすすめの弁護士まで紹介しています。