【行動調査(調査計画編)|プロ探偵の調査技術】

対象の行動を予測してチーム編成

大手有名探偵社への訪問取材を繰り返す中で教えてもらった調査技術のエッセンスを紹介するコーナーです。

 

今回は最も基本的な調査である浮気調査(尾行&撮影記録)の調査計画に関する話です。

 

大手有名探偵社一覧はコチラ

 

依頼者の話をもとに計画立案

まず、依頼者から話を詳しく聞いて、調査現場の場所や時間帯を予想します。

 

調査場所

ターゲットが都市部に電車通勤していて、平日の夜が怪しいというなら、多分後述の都市部型のパターンになるでしょう。

 

田舎町の専業主婦がターゲットなら、間違いなく後述の郊外・田舎型のパターンです。

 

時間帯

通勤ラッシュや祭り・イベントのタイミングでの調査なら雑踏の中で失尾しないよう、探偵の人数に余裕が必要になります。

 

渋滞が多い時間帯での車両尾行では、チームに小回りの利くバイクを加えておくべきです。

 

出張や旅行を追う場合

京都出張に不倫相手を帯同するのではないかと疑っているなら、新幹線に同乗して追い、現地では公共交通機関とタクシーを使って観光地を巡る相手を追える態勢を取ります。

 

その日が祇園祭りなら大混雑の中を追うことになりますから、失尾を防ぐため、探偵の人数は余裕を持たせるべきです。

 

想定外の事態にも対応できる柔軟性が必要

このように、調査現場と相手の行動を予想し、調査計画を立案しますが、全く想定外の行動を取られることもあります。

 

都内での調査を予想していたのに箱根に旅行されたり・・・

 

あるいは、神戸三宮で合流して都市型デートをするのかと思いきやタクシーで摩耶山に夜景を見にいかれたり、とか。

 

探偵社のプランナーは経験豊かで、よく話を聞いて調査計画を立てるので、極端な想定外事態は頻繁にはありません。

 

それでも相手の行動を完璧に予想することは不可能ですから、少々想定外のことをされても尾行を継続できる態勢にしておくべきです。

 

相手の警戒度も重要ファクター

調査計画にはターゲットの警戒度も大きく関係します。

 

過去に問い詰めたり、調査が発覚して警戒度が上がってしまっている場合は、探偵や車の数を多めに投入する必要があります。

 

近くで追う役割を頻繁に交代して発覚を防ぐためです。

 

チーム編成

このように、場所・時間帯・警戒度などの要素を総合して、さまざまなフォーメーションを組みます。

 

例えば4人チームの場合、完全に徒歩メインと予測されれば、歩き3名+車1台。

 

歩きとタクシー利用があれば、歩き2人+車2人。

 

車の比率も結構あり、小回りが利くようにしておいた方がいいなら歩き2名+車+バイクなど。

 

初日は依頼者の話から判断してフォーメーションを組み、日を重ねて相手の動き方がわかってくるにつれ、フォーメーションもどんどん変えていきます。

 

場所別の基本パターン

東京付近の場合の3区分

【東京付近の場合の3区分】

 

まず、調査現場を都市部/住宅地/郊外・田舎という3区分で理解することが基本です。

 

この3区分のどれに属するかによって基本的な浮気行動が大きく異なり、チーム編成や投入装備も変わってくるからです。

 

都市部の浮気調査

映画や買い物、アミューズメントなどを楽しんだ後、お酒を伴う飲食をしてラブホテルに行くというのが典型的なパターンです。

 

移動手段は徒歩と電車・バスなどの公共交通機関がメイン。

 

従って尾行チームも歩きの要員メインで編成しますが、車を1台も用意しないのはリスク大です。

 

ターゲットがタクシーに乗った場合、すぐに別のタクシーがつかまるとは限らず、つかまえられなかった場合、そこで失尾・調査終了です。

 

相手が車で迎えに来る場合だってあります。

 

原一さんの場合、徒歩尾行メインと予想される場合でも、必ず1台は車を用意するそうです。

 

郊外〜田舎の浮気調査

これに対して、郊外〜田舎の場合は、車で移動するターゲットを車で追う車両尾行メインの調査が9割以上です。

 

尾行チームの編成は2台以上の車になります。

 

遊ぶところも少なく、最近は飲酒運転の取り締まりも厳しいので、酒や食べ物を買って車でラブホテルに直行するパターンが多いです。

 

こういう土地では大型ショッピングモールが数少ない娯楽施設で、デート場所としても重要です。

 

また、それぞれが車でモールに行って合流し、片方の車を駐車場に置いたまま、もう一方の車にに乗り込んでデートに出かけるパターンも多いので、知っておく必要があります。

 

本当の田舎になってくると、人気のない場所に駐車してのカーセックスの比率が上がってきます。

 

また、そういう土地では見慣れない乗用車が長時間停まっていると警戒されるので、張り込み用に業務車両風のバンなどを用意することもあります。

 

張り込み用の偽装バン

【張り込み用の偽装バン】

 

住宅地の浮気調査

都市部と郊外・田舎に挟まれた住宅地の住人がターゲットの場合、上の2エリアのパターンが状況によって混じります。

 

例えばターゲットが都内に通勤していて、浮気相手が仕事関係の人の場合、平日の調査は都市部型の徒歩尾行メインのタイプになる可能性が高いです。

 

ターゲットが埼玉県民なら現場はズバリ池袋。

 

居酒屋などで飲んだ後、老朽化した北口のホテル街ではなく、高級感のある東口のホテル街に行くでしょう。

 

しかし、休日のデートは車で郊外に出かけてショッピングモールに寄った後にラブホテルに行くかもしれません。

 

浮気相手が近所の人の場合、自分、もしくは相手の車で食事はせずにラブホテルに直行するかもしれません。

 

相手の警戒度

過去に調査が発覚したことがあるなど、相手が警戒している可能性がある場合は相談時に正直に話しておきましょう。

 

でないと、態勢が不十分な状態で調査に臨むことになり、失敗の可能性が高まります。

 

探偵は、相手が警戒しているかどうかはその挙動ですぐにわかります。

 

下記はその代表例です。

 

  • 徒歩の場合は、頻繁に振り返ったり、周囲を見渡したりする
  • 車の場合は、急に速度を上げたり、落としたり、側道に停車したりして、後続車の様子を見る
  • 左折を繰り返すなど、堂々巡りの動きをして、追尾する者がいるか見る

 

原一探偵事務所のベテラン探偵F氏によると、警戒には4段階あるそうです。

 

警戒レベル4 【探偵を警戒】 最高レベルの警戒度。近くにいるすべての人間と遠方からの監視を警戒する。
警戒レベル3 【近親者を警戒】 配偶者の親・兄弟などの尾行を疑っている。全く似ていない人は近づいても警戒しない。
警戒レベル2 【配偶者を警戒】 配偶者の尾行を疑っている。配偶者と年齢や性別が違う人は警戒しない。
警戒レベル1 【警戒なし】 尾行をまったく想定していない状態。探偵が怪しい挙動をしない限り、警戒されない。

 

警戒レベルを上げてしまうと、調査が困難になり、費用も余分にかかってしまいます。

 

問い詰めたり、自分で調べようとしたりしないことです。

 

これはかなり怪しいと思った段階で、腕のいいプロにバトンタッチすべきです。

 

大手有名探偵社一覧はコチラ

自動広告