中学生が家出した場合の対応方法|理由・行き先・警察への届出・探偵の活用等

中学生が家出した場合の対応方法|理由・行き先・警察への届出・探偵の活用等

中学生の家出対応マニュアル

中学生が家出をする理由、対応策、予防方法について詳しく掘り下げ、保護者や関係者が適切に対応できるような情報を提供します。

 

家出は単なる反抗行動ではなく、深刻な背景が存在することが多いため、理解と適切な対応が重要です。

 

 

家出をする理由

中学生が家出をする理由はいろいろなものがあります。

 

思春期という繊細な時期だから、大人から見ればささいなことにも大きく反応してしまうのです。

 

代表的なものを挙げてみましょう。

 

家族や親との関係の問題
家出の一最も多い理由のひとつです。

 

親からのプレッシャー、過度な期待、過干渉、家庭内の暴力、夫婦間の争い、親の無関心や過度な放任などが挙げられます​​。

 

学校や友人関係の問題
学校での問題や友人関係のトラブルも家出の原因になります。

 

特にいじめや孤立化が深刻な場合、子どもたちは自室にこもりがちになり、家出を考えるようになることがあります​​。

 

自分の存在価値を見つけたいという欲求
自分の居場所を見つけたい、または自分の存在価値を確かめたい・・・

 

そういう欲求も、家出の原因になります。

 

これは特に、家庭内で自分が理解されていないと感じる場合に顕著です​​。

 

受験や学業のプレッシャー
特に、親からの期待が高い場合、自分の理想と現実の乖離が大きい場合などが危険です​​。

 

注意すべきサイン

家出を考えている中学生には、特定の予兆、サインが現れることがあります。

 

下記のような状況が見られたら、こじらせないうちに親の方から積極的にコミュニケーションを取ってあげるべきです。

 

早期に気づくことで、家出を未然に防ぐことが可能です。

 

行動の変化
日常のルーチンが突然変わる、以前は好きだったことに興味を示さなくなるなど。

 

孤立化・引きこもり
友人や家族とのコミュニケーションが減少し、自室にこもりがちになる。

 

感情の爆発
ちょっとしたことで過剰反応し、泣いたり、怒ったり、感情の不安定さが見られる。

 

物の持ち出し
衣服や現金、身分証明書などを持ち出すなどは、家出の準備作業の可能性があります。

 

家出に関する発言
「ここから出て行きたい」「どこか遠くへ行ってしまいたい」「自分なんかいない方がいい」

 

こういう発言には要注意です。

 

SNSの内容の変化
ネガティブな投稿が増えたり、投稿しなくなったり、突然にアカウントを閉鎖するなどは危険信号です。

 

急激な成績の落ち込み
勉強に投げやりになった、もしくは他の悩みで勉強が手につかなくなった可能性があります。

 

その状況から逃げ出すために家出する可能性があります。

 

親の即時対応

子どもが家出した場合、まず落ち着いて、下記の行動リストを潰していきましょう。

 

「そのうち帰ってくるだろう」と高を括るのはよくありません。

 

子供の状況によっては「親は探してくれないんだ」と感じると、売春や自殺など極端な行動に出る危険もあります。

 

それに、いなくなった原因は、自分の意思による家出とは限りません。

 

誘拐などの事件や事故に遭って動けなくなっている可能性もあります。

 

子供部屋・私物のチェック
書置きはないか?引き出しやゴミ箱の中のメモに手がかりがないか?

 

彼らが何を持って出ていったのか、そして何が家に残されているかをチェックすることで、子供の意図を理解しやすくなります。

 

学校の先生や友達に連絡・情報収集
学校や塾の先生や友達の親など、身近な人に迅速に連絡を取り、子どもの行き先について知っている情報を募りましょう。

 

携帯電話の利用
子どもが携帯電話を持っている場合、通話やメールなどで何度も継続的にコンタクトを取ることが重要です。

 

応答しなくても間隔を置いて、辛抱強くアプローチします。

 

ただし、立て続けにやるいわゆる「鬼電」はダメです。

 

苛立ちが伝わるし、電池を消耗して肝心な時につながらなくなる危険があります。

 

連絡が取れた場合も、叱ったり、命令口調は禁物。

 

かえって家出を長引かせたり、連絡を完全に断たれる原因になります。

 

心配していて帰って来てほしいことを穏やかに伝えましょう。

 

心当たりの場所を自分たちで探してみる
中学生の家出時の行き先としては、下記のようなものが一般的です。

 

  • 友人・親戚の家
  • ネットカフェ・マンガ喫茶
  • 学校・図書館
  • 自宅と学校の間
  • 公園
  • ショッピングモール
  • ゲームセンター
  • ファーストフード店
  • コンビニおよびその駐車場

 

このほか、土地土地によって川原、海岸、寺社、廃屋などもありえます。

 

子供の友人に「自分が家出したら行きそうな場所」を聞いてみるといいでしょう。

 

大人が思いつかない場所が挙がったりします。

 

リストを作ってざっと探してみます。

 

ある程度探して見つからなかったら、諦めて警察に行くべきです。

 

警察への届出
1日以上たっても帰ってこない場合は、警察に行方不明者届け出をし、捜索を依頼することが大切です。

 

大人の家出の場合、事件・事故の兆候が明確でないと、警察は必ずしも積極的に探してくれません。

 

しかし、中学生の場合は期待できるので、必ずお願いしましょう。

 

帰宅後の話し合い

家出した子どもが戻ってきた場合、まずは安心させ、話を聞くことが大切です。

 

怒りや非難は避け、なぜ家出をしたのか、どんな感情を抱えていたのかを理解しようとする姿勢が重要です。

 

子どもが信頼できる大人としての関係を築くことが、再発防止につながります。

 

その夜はおいしい食事を与えて早めに寝かせてやりましょう。

 

継続的な予防策

帰宅の翌日からは、積極的なコミュニケーションの維持に務めましょう。

 

子どもの話を注意深く聞き、感情を共有することで、孤立感や無理解を感じさせないようにすることが大切です。

 

これが欠けていると家出は再発し、だんだん常習化・長期化するようになります。


家出人探しにおすすめの探偵

浮気調査と違って、家出人捜索はどの探偵社でもできるわけではありません。

 

まず十分な経験と過去のデータ蓄積がないと、限られた時間で見つけ出すのは不可能です。

 

そして、人海戦術で探すので、探偵の数をすぐに集められることも条件になります。

 

おすすめできる会社を紹介しておきます。

 

MJリサーチ 若梅探偵

MJリサーチ 若梅探偵

メッセージ
家出人は最初の7日を過ぎると発見率が急低下するので、早期発見が大切です。

 

家出期間が長くなると、悪い仲間や変質者の大人と仲良くなる場合も出て、その後の問題行動が長引く元です。

 

当社では十代の子の捜索経験も豊富なので、おまかせください。

 

若梅探偵のプロフィール
大手探偵社MJリサーチの創業役員。YouTuberとしても有名な探偵。

 

普段は温厚で気づかいのある人物だが、調査では厳しい。

 

  • 探偵調査員歴22年
  • 常人逮捕協力5回
  • 刑事事件協力30回以上
  • テレビ出演15回
  • メディア取材多数

 

MJリサーチについて
若梅探偵ら大手探偵社で長い経験を持つ探偵たちが創設した探偵社。

 

トップレベルの調査を従来大手より3~4割安く提供するポリシーを持っている。

 

本社は銀座の隣町で、全国11ヶ所に展開。

 

無料相談&割引情報
本サイトの読者に対してMJリサーチはクーポンを発行してくれています。

 

MJリサーチクーポン

 

メールやLINEでの申込ではクーポンコード「MJR15」を記入すると、基本料金が無料になります。

 

MJリサーチ公式サイト

 

また下記電話では自動でクーポン適用となります。

 

フリーダイアル: 0078-6009-0036

(※スマホからは上記番号をタップしてかけられます)

 

総合探偵社クロル 宮下相談員

総合探偵社クロル 宮下相談員

 

メッセージ
当社は「相談≠調査」をモットーにしています。

 

話を聞いて必要ないと判断すれば調査を勧めないし、相談だけで帰ってもらっても結構という意味です。

 

調査の是非やタイミングに判断がつかない場合も、お気軽に相談にいらしてください。

 

プロと話してみることで「自分はどうしたいのか?」も見えてくるはずです。

 

宮下相談員のプロフィール
キャリア13年のベテランアドバイザーで、「悩まず早期解決」がモットー。

 

その前は探偵を10年。豊富な現場経験に基づき、最適な調査プランを提案してくれる。

 

 

無料相談&割引情報
本サイトの読者に対してクロル社はクーポンを発行してくれています。

 

クロル社クーポン

 

メールやLINEでのご相談の際はクーポン「DT-11」を記入いただくと、基本料金が無料になります。

 

クロル探偵社公式サイト

 

 

下記番号での電話ご相談は自動的にクーポン適用となります。

 

フリーダイアル: 0078-6014-1024

 

その他の大手有名探偵社

当サイトの下記ページでは、主要な探偵社に直接取材した記事を掲載しています。

 

写真やインタビューも豊富。

 

上記2社以外も見たい方は、下記ページで他の探偵事務所の生の姿に触れて依頼先選びの参考にしてください。