【令和マッチングアプリ事情|探偵コラム】

スマホの普及で拡大するマッチングアプリ不倫

浮気相手と知り合うのに、マッチングアプリはどの程度使われているのか?

 

探偵の浮気調査でもそういうことが確認される場合があるのか?

 

そうしたトピックについてお話します。

 

不倫出会いでの利便性

以前は「出会い系」と呼ばれていましたが、最近はマッチングアプリの呼称がよく使われます。

 

インターネットを使った出会いはスマホの進化によってますます普及してきました。

 

今や恋活も婚活も不倫もマッチングアプリの時代です。

 

自分の好みのスペックの異性と次々に効率よく会える点は比べるもののないメリットです。

 

そしてGPSを利用して、今会える距離にいる相手を探せるようなサービスも出てきました。

 

探偵の浮気調査においても、相手とマッチングアプリで知り合ったケースが一定比率見られます。

 

既婚者の利用が多いと言われる出会い系・マッチングアプリ

イククル 利用者の年齢層が広いともいわれる日本のサービス。
ワクワクメール 「出会い系」時代から有名な日本のサービス。ステータスに「既婚者」という欄あり。
PCMAX 一時は東京で街頭広告や宣伝車も多用していた日本のサービス。
ハッピーメール 「出会い系」時代から有名な日本のサービス。
paddy67 20代美女とハイスぺ男性が会うための高額なパパ活アプリ。
YYC 累計会員数1,000万人越えの大規模アプリ。
Afternoon 30〜50代がメインで、独身者は利用不可。
Tinder 米国発のGPSを使った出会い系。外人狙い、日本人ならイケメン、金持ち狙いの女性が多いという説がある。
アシュレイマディソン カナダ発の世界的不倫サイトだが日本ではまだ利用者が少ない。
既婚者クラブ 既婚者向けサイトの中では会員規模が大きいとのこと。
Sepa セカンドパートナーの意味。既婚者対象のサイト。

 

上表の顔ぶれを見るとガラケー時代に成長した国内の出会い系がかなり多いことがわかります。

 

しかし、「既婚者クラブ」「Sepa」「Afternoon」などの既婚者対象の国内新興勢力も登場しています。

 

さらに注目すべきは、アシュレイマディソンやティンダーなど国際的企業の進出です。

 

不倫に絞り込んだアシュレイマディソンのようなサービスが世界的な広がりを見せていることは、既婚者の間でのニーズの普遍性を示しているといえます。

 

若者向けの恋活サイトの利用は?

若い世代の恋活サイトとして人気のPairs(ペアーズ)などは、既婚者の登録を禁止しています。

 

不倫に使われることは上記のサイトより少ないと思いますが、若い世代なら独身と偽って使っている人もいるでしょう。

 

しかし、先の表のようなサービスはアダルトのコーナーがあることも多いですし、登録が既婚者限定の場合は目的は最初から明白です。

 

いきなり露骨なアプローチをしても引かれる危険は少ないですから、割り切り目的の人にはそちらの方が使いやすいでしょう。

 

浮気調査で出会い系を利用していた場合、どのサービスの利用が多かったか?

 

さすがにそんなデータまではありません。

 

しかし、上記表のどれかがよく使われているのは確かだと思います。

 

不倫における男女の利用状況の差

コロナ直前までのデータにはなりますが、探偵に依頼があった件で判断する限り、男女に利用状況の差があります。

 

男性の方が利用率が高いです。

 

男性の浮気の相手は、一番多いのが職場関連ですが、友人・元カノなどと並んで2位、3位につけてきます。

 

女性の場合も仕事を持っている場合は職場関連が一番多いですが、趣味関連や子供関連(PTAや子供の習い事)が多いのが男性との違いです。

 

出会い系・マッチングアプリについては、少なくともコロナ以前は既婚者女性の利用は男性よりは少ないように見受けられました。

 

しかし、使っている人はヘビーユーザーだったりします。

 

ある探偵社で実際にあったケースでは、3日の調査で次々に違う男性と不倫していたことが確認され、後に依頼者の男性が携帯の請求書を調べて、出会い系だったことが判明しました。

 

未成年の利用の調査

自分の未成年の娘がこういうサービスを利用して、不倫や売春をしているのではないかということが心配な方もいると思います。

 

ガラケー時代にはネット掲示板などを利用した「神待ち」が問題になりました。

 

未成年女子がセックスと引き換えに宿と食事を提供する人を「神」と呼んで掲示板で募るの行為のことです。

 

「神待ち」という言葉は最近使われなくなっていますが、同様の行動は決して減っていません。

 

近頃はお金に余裕のある「パパ」を探す「パパ活」がさかんです。

 

つい先日もパパ活サイトを利用して女子高生と会っていた男が逮捕されていました。

 

娘がそういうことをしていないか心配なら、探偵に行動調査を頼む方法があります。

 

手法的には浮気調査と同じで、尾行・撮影してビジュアルな行動記録を取るということです。

 

大手有名探偵社一覧はコチラ