【浮気男とストーカーをギャフンといわせる方法|探偵文庫】

赤井探偵事務所代表の本

探偵自身が書いた本や探偵のノンフィクションを紹介していくコーナーです。

 

本を通じて、この謎めいた探偵業界の実態を探ります。

 

今回、ご紹介するのは下記の本。

 

「浮気男とストーカーをギャフンといわせる方法」 継野勇一 著 出版文化社 刊 1,300円(税別) 廃刊(Audible板は配信中)

 

赤井探偵事務所代表の著書です。

 

同社はインターネットが始まった頃からSEO(検索エンジンでの集客)に力を入れて成功してきた企業として業界では有名です。

 

本の中身は調査エピソード集とノウハウの公開です。

 

初版が平成17年と、14年も前の本なので、警察のストーカー対応状況やネットセキュリティ情報など、内容はちょっと古いです。

 

しかし、浮気調査の章は今も昔も大きな違いがないと思えたので、要約を収録しました。

 

大手有名探偵社一覧はコチラ

 

第一章 浮気調査と慰謝料のカシコい取り方

 

1.裏の顔をあばく、浮気調査 事例編

 

ケーススタディ1

バツ一の男と結婚したが、前妻との間に実は子供がいて、養育費は未払いになっていた。

 

浮気調査をするとクロ。しかし、債務調査をすると600万円の借金があり、慰謝料の支払い能力なし。

 

浮気相手も多額の負債があって支払い能力がないことが判明した。

 

依頼者は協議離婚した。

 

この男はまた反省なく女と付き合い始めているらしい。

 

コラム

男の精液に反応する「浮気検査薬」というものが売られている。妻の浮気調査にはいいかも。

 

ケーススタディ2

離婚後すぐに出会い系で知り合った年下男と付き合いだした依頼者。

 

男の職業は空調設備業で、男子寮に住んでいるからというので部屋を訪ねたことはなかった。

 

妊娠を告げると連絡が取れなくなった。

 

相談を受けた探偵は、行方調査と素性調査を開始した。

 

名前も含めてすべて嘘で、しかも既婚者・子持ちと判明した。

 

男の妻の元に乗り込み、事情を説明し、妻立ち合いのもとで男を問い詰め、白状・謝罪させた。

 

男の妻の親は男の勤務先のオーナーで、マンションの家賃などいろいろな金はこの親が出していた。

 

珍しいケースだが、浮気相手だった依頼者の側からの慰謝料請求が認められた。

 

男は、子供のことを考えて、離婚も解雇も免ぜられた。

 

コラム

数千円〜1万円レベルの盗聴器発見器は役に立たない。

 

実験の結果、非常に近づかないと発見できないか、家電の電波にまで反応するかのどちらかだった。

 

買うなら3万円前後の広帯域受信機を。

 

ケーススタディ3

結婚10年。子供はいなかったが、やさしい夫だった。

 

それがある時から暴力がどんどんエスカレート。

 

腹や腿など見えにくいところを殴るので親戚は信じてくれないし、警察を呼んだら夫婦喧嘩として処理された。

 

このままでは殺されると、探偵に相談。

 

浮気の可能性はないというので、まず暴力の証拠取りから着手した。

 

怪我の際には医師の診断書をもらうよう指示する一方、探偵が夫と遭遇するのを避けるため、車にGPSを装着。

 

すると車の長時間停止場所から浮気が発覚した。

 

それを機に、弱弱しかった依頼者が凛として、徹底追及の意思を示した。

 

コラム

張り込み撮影を遠隔カメラでやる方法を紹介。

 

2.浮気男のしっぽをつかむ方法

 

慰謝料の取れる浮気の定義

法的には、浮気とは肉体関係。

 

二人で食事しても法的には浮気でない一方、風俗は法的には浮気。

 

居酒屋での仲良い食事風景は証拠にはならないので、それを撮るために顔を見られるリスクを冒すのは得策ではない。

 

チャットでのセックスに関する生々しいやり取りも、ねつ造が容易なので弱い。

 

やはりホテル出入りの写真など、言い訳不能な証拠が最強。

 

男の浮気の4タイプ

定期型、無自覚型、再燃型、七夕型の4つがある。

 

不用意なカマかけ、問い詰めのデメリット
  • 浮気の証拠を消される
  • 警戒心を持たれる
  • 離婚や法律の知識をつけられる
  • その場で白状した程度では証拠にならない

 

雑誌に「カマかけの方法」の特集があったりするが、その時はいい気分になれても後をこじらせるだけ。

 

泳がせて、本人に知られることなく、証拠を集めるのが、慰謝料までの近道。

 

自分でできる証拠探し

うまくやれば後で探偵にバトンタッチした時に、効率よく安くでき、成功率も上がる。

 

ただし、相手の所有物をチェックする時は無茶をしないように。

 

せっかく名刺を見つけたのに、裏返して戻したために気づかれることも。

 

物的証拠
  • 異性からのプレゼント
  • 一緒に撮った写真
  • 風俗店の会員証
  • 車の中に落ちていた異性のものと思われる毛髪
  • 車の灰皿にあった普段と違う銘柄の吸い殻
  • 心当たりのないイニシャル入りの小物
  • 避妊具の数の減少
  • いつもと違う助手席の位置
記録類の証拠
  • 携帯やパソコンのメール
  • 自筆の手紙
  • 手帳・メモ帳
  • 仕事が忙しくなった割に増えていない給与明細
  • 車の走行メーターの異常な上昇
  • カーナビの不自然な走行履歴
  • 不審な請求があるクレジットカードの明細書
態度や行動
  • 妙にやさしくなった
  • こちらの行き先や帰宅時刻を聞いてくるようになった
  • 芸能人の好みが変わった
  • 流行を追うようになった
  • 服装の趣味が変わった
  • 帰宅後、すぐに入浴するようになった
  • 携帯電話やパソコンにロックをかけるようになった
  • 自宅で携帯電話に着信があってもすぐに出ない
  • 自宅でも携帯電話を常に離さなくなった
  • 自宅に無言電話、または異性からの非通知電話が増えた
  • すぐに怒り出す、または暴力を振るうようになった
  • タバコを買うなどの理由で短時間の外出が増えた
  • 車の中を頻繁に掃除するようになった
  • 夫婦生活の頻度が減った
  • 携帯電話やメールの履歴を消すようになった
  • 掃除をするために部屋に入っただけでひどく怒る
  • 名前を呼ぶ時に間違える

 

3.浮気の事後処理 慰謝料の上手な取り方

 

慰謝料がもらえる人、もらえない人

外で不倫し、家庭内で暴力を振るう夫。子供4歳。同じ条件でうまく行く例と失敗する例を対比。

 

A子さんの場合

怪我をしたら必ず医師の診断書をもらい、夫が暴れた日は部屋を撮影。

 

帰宅時間など夫の行動を記録した上で、探偵社に素行調査を依頼。

 

探偵社は自分で足を運んで誠実そうなところを選び、リーズナブルに証拠取りに成功。

 

そんな折、夫は理不尽な条件で離婚を宣告してきたが、A子さんは証拠を揃えて離婚調停申し立て。

 

慰謝料450万円、財産分与200万円、親権も獲得。

 

B子さんの場合

大きな広告に釣られ、高額な探偵社に引っかかってやらずぼったくりに遭う。

 

忍耐の限界で「引っ越し費用100万円を払うから」と言う夫の要求通りに離婚届に捺印してしまう。

 

慰謝料とか財産分与とか、思いつかなかった。

 

口約束の100万円は支払われない。

 

親権も取られたままで、せめて監護権だけでも取り戻そうと交渉中。

 

慰謝料を正しく理解しよう!
  1. 離婚したら必ずもらえる?
  2. 弁護士に頼まないともらえない?
  3. ワイドショーでやってたみたいに自分も1億円もらう?
  4. 夫が浮気を白状したから、これでもらえる?

 

クイズ形式。答えはすべてNO。

 

慰謝料を取得する流れ

示談と裁判所の調停や裁判があり、それぞれメリット・デメリットがある。

 

慰謝料の相場と基準

次のようなことが勘案される。

 

  • 夫の浮気がどのくらい婚姻破綻の原因になったか
  • 請求する側(妻)が受けた精神的苦痛はどのくらいであるか
  • 浮気していた頻度や期間はどのくらいであるか
  • 婚姻(同居)期間の長さ
  • 支払う側(夫)の支払い能力
  • 離婚後の妻の生活能力

 

実際には300〜400万円台が多い。

 

1千万円を超えたりするのは次のような場合。

 

  • 夫が収入の多い開業医で⇒支払い能力
  • 家庭を顧みず15年以上も浮気していて⇒有責度
  • 今も毎日のように会っており⇒浮気頻度
  • 妻を追い出すために言葉の暴力を浴びせ続けた⇒精神的苦痛

 

「探偵流」慰謝料取得の極意

裁判まで行くと弁護士費用も30〜60万円くらいかかる。

 

示談の方が高く取れる。特に相手の社会的地位が高く、支払い能力があって、金で解決したがっている場合。

 

あるいはとにかく早く離婚したがっている場合は、手切れ金的に払ってもらえる。

 

まずは完全な証拠を用意し、不意打ちで一発で決めること。

 

慰謝料は、配偶者だけでなく、浮気相手からも取れる。

 

その場合も相手の情報をどれだけ持っているかが大切。

 

「浮気現場の撮影が終わったら、相手を尾行して」と頼んでおくと、一度の調査で全部解決するかも。

 

自白証言の取り方

言った言わないにならないよう、デジタル式のICレコーダーで録音する。

 

今いる場所や日時をさりげに相手に言わせられるよう、誘導できたらベスト。

 

例えば、「携帯を忘れてきた。今日、何日だっけ?」など。

 

その他、自分が有利になる質問テクニックを少々。

 

念書+公正証書で本丸を攻める

口約束だけでは、後で言った言わないになる。

 

少なくとも念書にしておく。

 

ただ、念書では相手が守らなかった時に強制力がない。

 

公証役場で公正証書にしておくと、判決と同じ効力を持つ。

 

守りは身ぎれいにし、落ち度を見せない。

仕返しに自分も浮気をしたりしない。

 

浮気調査をかけ返して仕返しするのはよくある話。

 

自分も落ち度があれば、慰謝料は取れなくなる可能性が高い。

 

探偵の7つ道具

カメラ、ボイスレコーダー、携帯電話、プリペイドカード、着替え・変装道具、小型ライト、現金。

 

第二章 恐怖のストーカー その調査と対策

ストーカーと探偵が取った対策の事例集。

 

コラム

尾行の見破り方。

 

  1. 同じ方向に3回曲がってついてくるか?
  2. 電車から発車直前に降車してついてくるか?
  3. 急に振り返ると目を背けたり、隠れたりするか?

 

ただし、スキルの低い相手にしか通用せず、ハイスキルのチーム尾行はこの方法では見破れない。

 

第三章 情報が生み出したネットストーカー

ネットで中傷したり、個人情報を晒したり、情報を盗みに来る連中と赤井探偵事務所の対応事例集。

 

コラム

探偵は特殊な装備も使うが、身近な普通のものも活用する。

 

カーナビは「走行履歴」機能をオンにしておくと行った先がわかる。

 

プリペイド交通カードは改札駅の記録が取れる、など。

 

第四章 探偵社の上手な利用方法

探偵社の仕事、依頼の手順、悪徳探偵の見抜き方など。

 

大手有名探偵社一覧はコチラ