【原一探偵事務所のプロ探偵の尾行技術リアルレポート】

尾行する側から見た「探偵技術の真髄」

尾行訓練風景

【最後は尾行する側を体験】

 

大手有名探偵社一覧はコチラ

 

車両尾行する側に役割交替

直前の話(徒歩尾行編)に戻る

 

車両尾行に続き、徒歩尾行で尾行される側を体験し終えた私は、次に追跡する側を体験します。

 

新人女性探偵とベテランF探偵が浮気カップルの役。

 

W探偵の車と鬼教官の車がチームで浮気カップルの車を尾行します。

 

私は引き続きW探偵と同乗です。

 

間に入れる車両も瞬時に選ぶ

車両尾行において、ターゲットの車の真後ろにつけず、間に一般車両を挟むことは「車両尾行編」で説明しました。

 

挟んでいる車両数は「あいだ2」「あいだ3」などと、逐次無線で報告します。

 

追跡する側に回って、中に入れる車は選んでいることがわかりました。

 

小さい子を乗せたおばさん運転のバンは入れさせませんでした。

 

高齢の人が複数乗った電気工事か何かの作業車も入れさせません。

 

あまりどんくさいのを間に挟むと、それが原因で失尾するリスクがあるからです。

 

「逆に外車やヤンキー車、ワルそうな車は使える。煽るとすぐスピード出してくれるから」

 

W探偵はそう語ります。

 

しかし、車の運転者はそんなにはっきり見えるとは限りません。

 

しかも入れる入れないの判断は一瞬です。

 

危険なことをしてパトカーに止められないように注意しながら、相手を入れさせないのもテクニックが必要です。

 

W探偵はすべて一瞬で的確に判断して尾行を遂行していました。

 

曲がる車をそのまま追わない

ターゲットがウインカーを出したら、無線ですばやく仲間に伝えます。

 

相手が交差点を曲がった時は、そのままついていくと発覚のリスクが高いのでしません。

 

「左に平行」

 

無線でそう伝えると手前の角で同方向に曲がって急速進行、次に右折してファミレスのパーキングに入りました。

 

ターゲットが走ってくるのを待ちますが、パーキング通路で待ってると怪しまれます。

 

そこで、いったん駐車している車に混じって整列駐車します。

 

文章にすると簡単ですが、とてもすばやくやらないと間に合いません。

 

一瞬で空きスペースを見つけ、両隣の車で昇降がなさそうなのを確かめ、すばやく車庫入れする。

 

神業だな、と思いました。

 

ターゲットの車を確認すると、すぐに車を出して尾行を続行します。

 

このテクニックは「平行移動」と呼ばれ、京都市内、大阪市内、札幌市内など、道路が「碁盤の目」になっている場所で多用されるそうです。

 

積雪期の北海道は尾行車が非常に目立って難しいのですが、札幌市内に関してはこのテクニックが使えるので比較的楽とのことです。

 

仲間の車と交替する

いいかげん追ったところで、W探偵は無線で鬼教官に役割交替を告げます。

 

車は空き地に離脱させた後、少し時間を置いて追跡を再開しました。

 

ターゲットと鬼教官の位置関係は、無線でわかります。

 

このように、ターゲットとの間に一般車を入れるだけでなく、近づく役割を交替することで、さらに発覚リスクを下げるのです。

 

一方でこうした交替もスキルが低ければ、逆に失尾の原因になりかねません。

 

そしてインフラとして業務無線が不可欠なことも実感されてきました。

 

ラブホテルにターゲットと一緒に入る?!

尾行訓練風景

【ラブホ入りする浮気カップル役の探偵】

 

ターゲットの車はついにラブホテルに入りました。

 

W探偵の車は同じホテルの別の入り口から入って停車しました。

 

鬼教官の車がどこにいるのか私はわかりませんでしたが、ターゲットを観察できる位置にいるようです。

 

尾行訓練風景

【浮気カップルを追って我々もホテル内へ】

 

ターゲットがホテルの建物に入ったとの連絡を受け、我々3人(W探偵、私、広告代理店の女性)も入りました。

 

本番ではこれを男女ペアの探偵でやります。

 

そして二人で部屋を選んでいるターゲットを一瞬で接写します。

 

そしてラブホテルで他のカップルと鉢合わせして戸惑ったカップルを装い、すぐに外に出るのです。

 

ハライチの調査報告書には、ホテルの部屋を選んでいる大写しの写真がよく出てきます。(顔をマスキングした実物をいくつか見せてもらいました。)

 

ラブホ出の写真は一般的ですが、ラブホ入りを撮れる探偵社は少ないです。

 

証拠能力もインパクトも圧倒的で、いかなる言い訳も不可能です。

 

あの写真はこのようにして撮られていたのです。

 

尾行訓練風景

【部屋を選ぶ不倫カップル役の探偵】

 

追う側の車両尾行を終えて

「探偵技術の真髄は尾行」

 

1回目の取材の時、W探偵はそう語っておられましたが、追う側も体験して、一層そのことを実感しました。

 

ここには詳細を書けない高度なドライビング・テクニックを使った運転で、助手席の私は車酔いになり、演習終了後に少し吐きました。

 

とにかく、気づかせず、かつ失尾しないために、さまざまなテクニックがあり、どれもものすごい練習を積まないとできないようなことばかりなのです。

 

そして演習の最初にW探偵が言っていたように「運転・無線・尾行・撮影が同時にできないとダメ」なのです。

 

つくづく探偵とは職人技なのだと痛感しました。

 

 

つづき(尾行とGPSの是非・W探偵インタビュー)を読む

 

 

大手有名探偵社一覧はコチラ