【浮気調査|探偵調査の知識】

興信所で一番多い仕事

このページでは、浮気調査の概要・ポイントについてご説明しましょう。

 

浮気調査は全国どこの興信所でもだいたい依頼案件の7〜8割を占める一番多い仕事です。

 

大手有名探偵社一覧はコチラ

 

浮気の兆候と証拠

浮気をしている人には下記のような様々な兆候が現れます。

 

  • 携帯を肌身離さず、鳴っても自分の前では出なくなった
  • 下着が新しく、派手になっている
  • 若い人の流行に詳しくなった
  • 従来の自分の趣味でない持ち物を持っている
  • 車の助手席の位置がいつもと違い、女の髪の毛が落ちていた

 

兆候の数が多いほど、浮気は確実です。

 

気づかないフリでよく観察して記録しておいてください。

 

興信所に頼む時の調査日の絞り込みなどに役立ちます。

 

しかし、これらはあくまでも「兆候」であって、浮気の「証拠」にはなりません。

 

兆候の一覧を突きつけたところで、それで相手が浮気を認めることなどまずないと思ってください。

 

そんな中途半端な追及をすると、不毛な夫婦喧嘩が終わらなくなり、相手は巧妙に偽装して浮気を継続するので、再調査が困難になります。

 

「証拠」とは、もっと言い訳不能な決定的なものでなくてはなりません。

 

「浮気の証拠」とは具体的には「写真」です。

 

顔映りが鮮明で人違いはありえず、男女関係以外に説明不可能なシーンの写真。

 

一番多いのはラブホテル出入りの写真です。

 

離婚裁判になった時に不貞行為の証拠として採用されるのも、主にこうした写真です。

 

メール・手紙・録音などは、相手がニセモノと主張しがちですし、偽造・筆跡・声紋などがハードルになって、法的にも証拠採用されにくいです。

 

GPSを使った自力調査について

最近はGPSをレンタルしてこっそり自家用車につけて、パートナーの行動を調査する人も増えています。

 

スマホのGPSアプリも使われます。

 

安上がりな点はいいですが、位置を調べた後はどうするつもりなのかはよく考えておく必要があります。

 

現場に乗り込んで取り押さえる覚悟なら構いませんが、怪しい場所にいたというだけでは何の証拠にもならないことは理解しておいてください。

 

GPS自力調査で行き詰まった後に興信所に頼みに来る人も多いですが、費用のムダです。

 

さらに万が一発覚した場合、夫婦喧嘩が勃発し、相手が警戒して再調査が困難になるので、やめた方がいいと思います。

 

興信所の浮気調査とは?

パートナーの浮気行動を尾行・隠し撮りして調査報告書にまとめてくれるサービスです。

 

浮気をしていなかった場合は仕方ないですが、していた場合は決定的シーンの写真が撮れていないと成功とはいえません。

 

ということは、決定的シーンの撮影チャンスが来るまで長時間尾行する必要があるということです。

 

異性と会っていることの確認くらいまでなら、素人の尾行でも可能な場合はあるが、証拠取りはまず不可能です。

 

よく知っている人間は変装していても遠目から全体の印象で一目でわかるものです。

 

特に警戒している時はそうなので、尾行を試みること自体が危険です。

 

まして、夜の闇の中でラブホテル出入りを顔を鮮明に撮ってくるなど、素人には絶対無理です。

 

腕のいいプロに任せて、最初の1回で圧倒的な証拠を手に入れる方が賢いやり方です。

 

浮気調査の料金

 

1.実費後日清算方式

最初に調査料金が発生し、実費を後日清算する料金システムが主流です。

 

交通費・ガソリン代・駐車料金などの実費は、実際に調査をやってみないといくらになるかわからないからです。

 

この方式は相手が良心的な興信所なら、調査が予想外に簡単に終わった場合は、安上がりになります。

 

しかし、調査料金にどんな費用が含まれ、実費精算が目安としてどれくらいになりそうか、事前によく確認してください。

 

「実費」に様々な費用が盛り込まれ、後日清算の方が調査料金より高くなる金銭トラブルが後を絶たないのです。

 

2.総額決定方式

原一探偵事務所の場合は、着手前にすべての経費込の総額を決めるシステムを採用しています。

 

交通費・ガソリン代・駐車料金などもすべて含まれ、追加請求は一切ありません。

 

調査結果が簡単に出てしまった場合はちょっと損をした気になるかもしれませんが、調査品質は高いので割り切れるでしょう。

 

逆に言うと、調査が難航した場合も最初の費用で責任を持ってやってくれるので安心です。

 

もちろん、この料金方式でも低品質な探偵社はあります。

 

3.成功報酬方式

成功報酬は人探しにはいいですが、浮気調査にはなじまないので、警戒した方がいいです。

 

「何をもって成功とみなすのか?」がはっきりしないからです。

 

異性とは会っていたが、浮気かどうかはっきりしなかった場合、、成功なのか、失敗なのか?

 

明らかに浮気をしていたが、決定的シーンは撮れなかった場合、成功なのか、失敗なのか?

 

多くの場合、探偵社は自分の勝手な定義で「調査成功」として請求してきます。

 

また、調査日に異性との接触自体がなかったと判明した場合は成功なのか、失敗なのか?

 

そういう場合は請求しませんと言っている探偵社もあるようですが、疑問です。

 

「検査した結果、病気はなかったのでタダです。」という医者がいるか、大人だったら冷静に考えていただきたいです。

 

尾行の技術と装備

隠し撮りも難しいですが、それも尾行が出来た上での話。

 

尾行こそが奥が深くて難しい探偵技術の粋なのです。

 

プロ探偵の尾行は2名以上のチームで行います。

 

単独尾行は気づかれやすく、トイレにすら行けないので、失尾や発覚のリスクが非常に大きいです。

 

安易に単独尾行を請け負う素人探偵を選んで、「安物買いの銭失い」にならないように注意してください。

 

チーム尾行の原則は徒歩尾行でも車両尾行でも同じです。

 

前を走る車の様子はわかりにくいものですが、後続車の車内の様子はバックミラーでよく見えます。

 

信号、一般車の割り込み、道路工事、パトカーの張り込みや検問など、いろいろな邪魔も入ります。

 

だから、車両尾行はとくに難しく、素人がやれば必ず失尾(見失うこと)・発覚・交通事故のいずれかに終わります。

 

一対多の同時通信が可能で電波の安定したデジタル業務無線も専門家には重要な装備で、スマホで連絡しているような素人ではダメです。

 

土地勘の重要性

尾行を成功させるためには技術とともに、いわゆる土地勘、つまり各地の交通事情・土地柄に精通していることが欠かせません。

 

浮気行動そのものにも地域の特徴がある場合があります。

 

業界最大手の原一探偵事務所の探偵にこれまで取材した内容をまとめました。

 

大阪・京都

大阪ミナミ・阿倍野区、京都などは細い一方通行が多く、バイクも尾行チームに加えることが欠かせない。

 

関東では一方通行≒細い道だが、大阪では8車線もある御堂筋など、太い道路なのに一方通行の道がたくさんある。

 

東西南北の碁盤の目になっているのも京都や大阪の道路の特長。

 

そのため、長い直線道路が多く、車両尾行は発覚しやすいので、平行移動などのカモフラージュテクニックが重要になる。

 

関西国際空港の国際線は、北出口と南出口が中で通じており、警戒している相手は案内板の表示と逆の出口から出てくる可能性がある。

 

案内板だけを信じて張り込んでいると逃げられる。国内線にはこの心配はない。

 

(原一探偵事務所・大阪支社長談)

 

埼玉・群馬・横浜

埼玉県の浮気調査は、徒歩尾行の比率が非常に高い。

 

大宮駅は全国屈指の路線集中駅で、ここから東京・横浜・千葉・群馬の温泉地、果ては新幹線で北海道など、あらゆる場所に向かう。

 

デートが県内で完結することはほぼなく、行き先の読めない相手を最後まで追尾する集中力が求められる。

 

これに対し、群馬県(高崎市・前橋市等)の浮気調査は車両尾行がほとんど。

 

地元で完結することが多く、県外に出ることはまれ。

 

相手は同じ工場の同僚など、身近が圧倒的に多い。

 

これに対し、横浜では県外在住の相手と月に一度会うなどの浮気も多い。

 

逢引の現場はラブホテルではなく、シティホテルが主流。

 

みなとみらいなど人気デート場所近辺が条例でラブホテル建設禁止のため、シティホテルが需要に対応した。

 

「デイユース」などおしゃれな名前のサービスにしているが、ラブホテルの「休憩」と同じである。

 

横浜の車両尾行には特殊な難しさがある。

 

横浜市民は横浜ナンバーに並外れて過敏で、他地域ナンバーの車で市内に張り込んでいると怪しまれる。

 

と言って、横浜ナンバーの車で例えば埼玉まで追うと、今度は「なぜ、こんなところに横浜ナンバーの車がいるのか?」と怪しまれる。

 

いろいろな地域ナンバーの車を持っていて替えがきかないと、横浜の車両尾行は難しい。

 

(原一探偵事務所・本社探偵A氏談)

 

北海道

広大な土地で人口・交通量が少ないため、尾行が目立ち、全国屈指の調査困難地域。

 

特に積雪期は尾行が目立ち、除雪した雪が積み上げられて一車線減るため、張り込み場所の確保も困難。

 

他地域では夜間は黒い服・車が目立たないが、積雪期の北海道では白を選ぶ。

 

夜間の調査は鹿との衝突事故、張込み中の熊の襲撃など、野生動物への警戒が必要。

 

雪がサラサラなので現地の人は傘をささない。逆に差しているとよそ者とバレる。

 

道の駅やショッピングモールが合流・休憩の場所として重要なので、熟知が必要。

 

札幌には路面電車があり、車とは信号系統が違うので、路面電車利用のターゲットを追尾するには独自の尾行技術が必要。(松山・広島・長崎なども同様)

 

(原一探偵事務所・前札幌支社長探偵K氏談)

 

全国

ターゲットに新幹線に乗られた場合、同乗するところまでは他社もやる。

 

しかし、行き先で女が車で迎えに来ていたら、そこで失尾してしまう。

 

飛行機の場合は急遽同乗することも難しい場合が多く、全国どこでも1時間ほどでついてしまうので、他の交通機関で追いつくことは不可能。

 

当社の場合、行き先の最寄りの支社から車を向かわせることができる。

 

例えば東京で追尾中のターゲットが羽田でチケットを買い、行き先は島根の出雲空港とわかったとする。

 

本社から広島支社に指令と顔写真などデータ引継ぎが飛び、1時間で出雲空港に探偵を配備することができる。

 

どんな手段で移動されても失尾しないのがハライチの尾行。

 

(原一探偵事務所・本社調査部次長W氏談)

 

大手有名探偵社一覧はコチラ