【戦前・戦後・現代に至る日本の探偵・興信所業界の動き】

謎めいた業界の歴史に光を当てる

 

大手有名探偵社一覧はコチラ

 

探偵社とか、興信所という仕事は、日本ではいつ頃生まれたのでしょうか?

 

そして、現代に至るまでにどのような変遷を遂げてきたのでしょうか?

 

今も秘密のベールに覆われた業界なので、昔の資料も少ないですが、わかる範囲で再構成してみました。

日本初の興信所は明治時代

日本で初めての興信所は、明治25年(1892年)に大阪で開業した商業興信所です。

 

続いて明治29年(1896年)にできた東京興信所です。

 

これらは日本銀行はじめ銀行グループの出資で作られたもので、企業の信用調査が仕事でした。

 

商業興信所と東京興信所は、昭和19年(1944年)に統合されて東亜興信所となりました。

 

東亜興信所はその後ホテル業に進出し、平成4年(1978年)に(株)サン・トーアに社名変更。

 

今は調査業務はやってなくて、ホテル運営専業になっています。

 

このように誕生当初の興信所は、浮気調査や見合いのための身辺調査をする会社ではなかったのです。

 

初の民間興信所・帝国興信所

日本に政府主導の興信所が2つしかなかった明治33年(1900年)に、後藤武夫という人物が初の民間興信所を設立しました。

 

その名は帝国興信所。現在、企業の信用調査を行う大手・帝国データバンク(TDB)の前身です。

 

ちなみに現在も帝国○○を名乗る探偵社は複数あるようですが、TDB以外は後藤武夫の帝国興信所とは無関係なようです。

 

設立に当たって、明治の経済界の重鎮・渋沢栄一は「今はまだ民間で興信所は無理だからやめなさい」と止めたそうです。

 

渋沢栄一は、東京海上・東京ガス・京阪電気鉄道・キリンビールなど500以上の大企業の設立に関わった、日本資本主義の父とも呼ばれる人物で、東京興信所の設立にも重要な役割を果たした人です。

 

さて、帝国興信所に当初はまったく調査の依頼が来ず、経済専門誌の発行でしのいでいたそうです。

 

しかし、日露戦争の勝利の後の好景気に企業設立ブームが訪れ、企業信用調査の仕事が一気に増えます。

 

関東大震災で本社が全壊する危機を乗り越えて、大正15年(1926年)には全国に54の拠点を持つ日本一の興信所になります。

 

企業の信用調査から始まった帝国興信所ですが、いつの頃からか個人向けの探偵業務も行っていたそうです。

 

しかし、1981年に帝国データバンクに社名変更した後は企業信用調査に絞り込んでおり、現在はこの会社を興信所に分類する人はいません。

 

個人調査業の発祥は?

以上のように、興信所は当初は企業信用調査をする業種を指しました。

 

その後、個人向けの身辺調査などにも進出するようになって境界があいまいになったわけです。

 

では、それまで個人向けの探偵業者というものはなかったのでしょうか?

 

おそらくあったと思います。専業ではなかったかもしれませんが。

 

例えば、結婚相手の近所で親が評判を聞いて回る「問い聞き」という慣習があります。

 

今でも田舎に行くと「問い聞きお断り」の看板が立っている地域があります。

 

結婚相手の実家が遠方の場合や裕福な人たちは、自分で問い聞きをせず、人に頼むことが多かったはずです。

 

そういう仕事を請け負う人は、もしかしたら江戸時代より前からいたかもしれません。

 

根拠になる資料がないので何とも言えませんが、機会があったら歴史学者に聞いてみたいものです。

 

第二次世界大戦後の探偵業界の発展

ベテラン探偵・小原誠さんの著書によると、戦後の探偵業界の動きはおよそ次のような感じです。

 

まず、戦前からあった興信所は、終戦直後は、主に戦争によって行方不明になった親族、隣人、債務者を探したり、記録が焼失してしまった土地の権利関係を調べる仕事をしていました。

 

その後、企業の信用調査、採用調査などを請け負うことが多くなっていきました。

 

一方、いつの頃からか探偵社というものも生まれていて、失踪人調査、良縁(結婚)調査、浮気調査など、個人的問題の解決を主に請け負っていました。

 

調査会社という名称が増えてきたのは、企業からの調査依頼が急増した昭和40年代以降だそうです。

 

今日の探偵社・興信所の違い

今日、探偵社と興信所という名称で仕事の違いはあまりなく、だいたい同じものだと思ってよいと思います。

 

浮気調査、人探し、身辺調査などの個人向けサービスを行うのが探偵社であり、興信所です。

 

むしろ、個々の業者によって、浮気調査、人探し、盗聴器発見など、得意分野が異なると捉えるべきでしょう。

 

これと区別すべきなのは企業の信用調査やマーケティング調査などの企業向けサービスをやっている会社です。

 

企業向け調査と個人向け調査をともにやっている会社もありますが、ごく少数です。

 

大手有名探偵社一覧はコチラ