【高い業務遂行能力と誠意ある料金請求の興信所を判断するコツ】

しっかり情報収集して冷静に選ぶ

 

大手有名探偵社一覧はコチラ

 

必要な資源をちゃんと持っている会社

まずはオフィスを構えていることです。

 

0120で始まる電話だけで住所が載っていないサイトなどは即閉じてください。

 

会社の規模、人員、車両・バイク、調査機器の充実度も判断材料です。

 

尾行はバレずに見失わないために、チームを組んでやるのが原則。

 

調査員も自社車両も余裕がないと、何かとトラブルが多いです。

 

また証拠として使えるレベルの写真を鮮明に撮るには、状況に応じた多彩な撮影機材も必要。

 

それなりの装備がなければ、お金を払うに値する調査などできないのが現実ですから。

 

この点を考えると、基本は零細事務所より大手となります。

 

そして、大手の中でも情報公開に積極的なところです。

 

もちろん個人探偵にも優れたところはあります。

 

しかし、なかなか判断がつきませんから、信頼できる人の紹介でもない限り、避けた方が賢明かと思います。

 

できれば本サイトが提案しているような業者から選ぶことをお勧めします。

納得いくまで質問する

オフィスに訪問するところまできたら、さらにいろいろな情報を得ましょう。

 

あなたの困りごともたっぷり聞いてもらえばいいです。

 

そこで親身に話を聞いてくれて、正確に理解してくれるかどうかも判断材料です。

 

しかし、あなたの方も質問しましょう。

 

  • 会社の概要(営業年数、規模、全国の拠点、車両や機器の充実度など)
  • 調査の手順と得られる成果物(報告書等)
  • 費用の概算
  • アフターケア
  • 個人情報保護方針

 

費用については、事前にわかる費用と追加になる可能性がある費用をしっかり理解しましょう。

 

追加になる可能性がある費用については、その費目と限度をしっかり話し合いましょう。

 

また、成功報酬については、何をもって「成功」とみなすのかについてよく確認すべきです。

 

アフターケアとは、得た成果物を使って問題をどう解決するのか、といったアドバイスなどです。

 

例えば、浮気を証明する報告書が得られたとして、関係回復なり離婚なりに動く時、どうすればいいのか?

 

調査が終わった時もいろいろアドバイスしてくれたり、場合によっては弁護士の紹介なども可能なのか?

 

そういう質問に対して、面倒がって契約を急がせるようなら、退室したほうがいいでしょう。

捺印する前に契約書をよく確認する

まず、契約書を交わさないというのはお話になりません。

 

次に契約書があったとして、その中身が透明でわかりやすいか?

 

自分に大きく不利になるかもしれないようなことが書かれていないか?

 

そういうことをちゃんと確認してから判を押すようにしてください。

悪徳業者に引っかかった場合は?

まずは毅然として改善を要求することです。

 

相手が応じなかったら、下記の機関に相談してみてください。

 

  • 独立行政法人 国民生活センター
  • 内閣府認可法人 全国調査業協同組合

 

大手有名探偵社一覧はコチラ