【1分でわかる「名探偵ステイホームズ」|探偵ドラマ・映画・小説作品ガイド(あらすじ・キャスト・作者等)】

部屋から一歩も出ない前代未聞の名探偵?!

探偵をテーマにしたドラマ、映画、小説は昔から人気ジャンルのひとつです。

 

当サイト専属ライターの鹿間が、おすすめの作品を厳選して要約をお届けします。

 

今回の「名探偵ステイホームズ」は、引きこもりのおじさんが実家の子供部屋から一歩も出ずに事件を解決するという奇抜な作品。

 

主演は北村匠海で、「おじさん」とは言っても魅力的です。

 

それでは早速、どのようなドラマなのかをわかりやすく解説していきましょう。

 

「名探偵ステイホームズ」の概要

「名探偵ステイホームズ」はコロナ禍におけるステイホーム、という生活が続いている世の中にリンクさせたような作品だ。

 

実家の子供部屋から大人になっても出て来ない、いわゆる「子供部屋おじさん」が主人公。

 

この子供部屋おじさんはただの子供部屋おじさんではない。
インターネットを使った検索、調査能力が異常に高く、その能力を生かして誹謗中傷をするただの痛いネット民だったが、その能力を買われてネット探偵となる。

 

部屋から一歩も出ること無く検索能力だけで事件を解決していく異色のサスペンスコメディーだ。

 

2020年6月に「ダブルブッキング」というスペシャルドラマが制作され、放送配信された。
コメディ感が強いものの、しっかりとしたサスペンスへ展開していくと同時に、PC画面を主観で使ったこれまでにない映像構成が話題を読んだ。

 

脚本家の森ハヤシ氏、そしてバラエティ番組出身の演出家である水野格氏によって生み出された。

 

ダブルブッキングが注目されたことで、イギリスの制作会社との共同制作プロジェクトがスタートし、名探偵ステイホームズが生まれたことから、ダブルブッキングで話題となった映像構成もまた受け継いだ作品となっている。

 

第一話あらすじ

主人公の「相田アタル」はシステムエンジニアとして働いていたが、上司とのリモート会議中に、その上司の悪口SNSのでつぶやいてしまう。
会議をしながらリアルタイムで悪口をつぶやき気分爽快だったが、つぶやいていたことがバレてしまう。
激怒した上司にクビを宣告されてしまう。

 

憂さ晴らしのために酒を飲み、酔っ払った勢いでネットサーフィン。
大好きな声優アイドルのSNSからちょっとした情報から声優アイドルが不倫をしていることに勘付き、そのまま誹謗中傷コメントを連投する。

 

声優アイドルの事務所から告訴するとの連絡を受け絶望していたところ、警視庁公安部の沼田、坂本が自宅に訪れる。
声優アイドルへの誹謗中傷の件で自分は逮捕されるのかと思っていると、なにやら様子が違う。

 

実はSNSなどから情報収集をして答えを導き出すというリサーチスキルを買われたアタルは、地下アイドル失踪事件の捜査協力を依頼される。

 

ネット探偵「ステイホームズ」の誕生だ。

 

キャスト

相田アタル…北村匠海

優れたサーチング能力で事件を解決していくこのドラマの主人公であり子供部屋おじさん。
ひねくれ者でコミュ力も低く自宅から外出しないが、芸能人などのSNSの画像、つぶやきから真実を見つけ出す。
まさに現代人にとって感情移入しやすいキャラクター設定となっている。

 

坂本才花…松本まりか

警視庁公安部の刑事で、事件をきっかけにアタルの担当になる。
アタルの自宅に訪れる唯一の異性。

 

アタルの性格とは正反対で、行動力があり活発だが、PCの作業や知識には疎く、アタルとの相性は最悪。

 

沼田寛太…谷原章介

警視庁公安部の警部。
アタルの能力を見抜き、捜査協力を依頼した張本人。
イケメン、仕事もできるイケオジ警部で、アタルの母親の恵美に言い寄られるほど。
しかし、単なる警部というわけではなく秘密があるようだ。

 

星野知子…森川葵

アタルのアシスタントとして沼田が連れてきたリサーチャーだ。
まるで仕組まれたかのように、外見、性格などあらゆる部分がアタルの好みのタイプ。
初めて会った瞬間にアタルは恋に落ちてしまうが…

 

相田恵美…鈴木保奈美

アタルの母親で、一人息子のアタルを溺愛すると同時に甘やかして育ててきた。
アタルが子供部屋オジサンになったのも自分の責任だと感じている。
刑事の沼田に一目惚れしてしまう。

 

斎藤富美男…黒羽麻璃央

政界のプリンスでアタルと小学校の同級生。
しかしアタルの人間嫌いの原因を作った張本人でもある。

 

観音寺かの子…小宮有紗

アタルが大ファンの声優だったが、不倫を匂わせるつぶやきでアタルを怒らせ不倫を暴かれる。
誹謗中傷を続けたアタルを名誉毀損で訴える。

 

藤山メイ…大原優乃
八ヶ岳希美…大和田南那
杉浦楓香…朝日ななみ
後藤剛範…勝矢

 

名探偵ステイホームズみどころ

「名探偵ステイホームズ」は見どころ満載のドラマだ。
名探偵ステイホームズのみどころをご紹介していく。

 

みどころ1「時事ネタを盛り込んだ共感できる内容」

この2年ほどの相田にすでに馴染み深くなっているのがステイホーム。
このステイホームはもちろん、近年増えていると言われる子供部屋おじさん。
さらに、SNSなどの小さな情報から芸能人などの不倫、浮気疑惑を見つけ出し特定する、いわゆる特定班というのも近年話題になった。

 

SNSに投稿されている文章をななめ読みすると特定の文章として読めるなども話題になったが、このステイホーム、子供部屋おじさん、特定班という3つの時事ネタを組み込んでいる。

 

2022年という時代を表現すると同時に、よりドラマの中に入り込みやすい内容になっている。

 

みどころ2「身近な方法で捜査する」

一般的な探偵といえば、あらゆるところに聞き込みをしに行ったり、張り込みをしたり、人と直接会ったり足を運んで情報を集める。

 

しかし、アタルはSNS投稿の文章の中から縦読みを見つけたり、ネット上にある情報を集めて当人のSNSを基本としてさらに情報を絞り込んでいく。

 

いつ投稿されたのか、どのような行動パターンなのか誰もが手に入れられる情報の中から推理をしていく。

 

特別な機器、人脈、肩書などがなければできないような捜査ではなく、誰もがすぐにでも触れられるスマートフォン、パソコンからアクセスできるインターネット上の情報で推理を組み立てる。

 

ここまで身近な方法で推理を組み立てる推理ドラマはこれまでになかっただろう。

 

みどころ3「主観で捜査をしている感覚で観れる」

名探偵ステイホームズ、この作品の特徴でもありみどころの1つとして、アングルがある。
アタルが見ているパソコンの画面がアップで映し出される。
そしてアタルの目線と同じ目線で捜査に参加できるのだ。

 

アタルがなにを見ているのか、どの情報にどう食いついたのかというのがすべて把握できるよう主観でドラマが進む場面は臨場感も感じられる。

 

特に、身近なパソコン、スマートフォン、SNSといったものをアタルが利用しているだけに感情移入しやすい。
そして主観であるがゆえに、伏線などにも気が付きやすく、どこに伏線があるのか思わず探したくなる。

 

本物の探偵に興味はありますか?

探偵ドラマはワクワクしますが、作品に描かれる探偵と現実の姿には大きなギャップがあります。

 

本物の探偵の仕事内容や技術を知りたいと思いませんか?

 

当サイトでは探偵社への取材に基づく情報を多数収録しています。

 

お楽しみください!